ブログ

禁煙に役立つといいですね!

今日は面白い記事を送ります。「認知症の人と家族の会」の解放新年合に次のように掲載されました。
昨年10月に金沢でブロック会議が行われ、参加者全員にオルゴールを聞いて頂きました。
本部代表の方が参加されオルゴールを聞いて感動されていました。そして、その日からタバコを吸わなくなったそうです。
オルゴールを聞いたことで禁煙したかどうかは、本人は信じられないようですが、オルゴールを聞いたその日から突然吸わなくなったのは、オルゴールを聞いた事がきっかけになったのだと、断言は出来ませんが、私はそう思います。
オルゴールが「禁煙に役立つ」ことが証明されるといいですね。 高田悦子 金沢市オルゴールセラピスト
最近、オルゴールを聞き出してからタバコを吸わなくなった方が5人ほどおられます。『にほいが嫌いになった』
『煙がいやになった』『何となく吸う必要がなくなった』『タバコのことを忘れていた』と言われます。
未だこの程度ですが、考えられることは、五感が正しく機能しはじめると、煙やにほいや自分には解らない口のにほいなどに気が付き、やめられるのではないか?、
オルゴール療法を続けておられる方が、ある日オルゴールってこんなに美しい音だったのですね!それ以来テレビの音がうるさく感じると言われましたが、このことと、タバコの禁煙できたことの共通点があるように思えます。
身体が限りなく自然体に戻ると、不必要なニコチンを身体が要求しなくなるのではないか?と仮説が立てられますが、専門家の意見、検証が必要です。沢山の症例が上がればその中から普遍性を見いだせるかも知れません。
オルゴールセラピストの高田さんが「認知症の人と家族の会」のような会とコンタクトが取れて、オルゴールを聴く機会を作れたことに感謝しています。