ブログ

オルゴール療法認定集中講座に参加して

初めて元町の療法所を訪ねたのは、2010年10月に前勤務先の先輩でありセラピストに連れられてのことでした。
結婚した2007年よりずっと不妊治療をしておりました。経理の激務の仕事を同年8月に退職し、主人の仕事を手伝いながら不妊治療に専念しておりました。
インターネットで不妊に良いとされる施術・漢方・食品等を手当たり次第試してみましたが、効果は得られず、ゆったり行こうとする自分と、焦る自分と、諦める自分が堂々巡りしている毎日でした。
そんな時に、「オルゴール療法は脳幹を刺激するんだよ。副作用のない根本療法なんだよ」と聞かされました。
脳幹が正常に機能すれば妊娠できる可能性があるのではないか。しかし、今までいろいろな治療を試してみてダメだったので、自己治癒力・自然治癒力・妊娠力は本当に備わっているのだろうか?とも思いました。
不妊というだけでもマイノリティーな自分には効果が得られないのではないかと半信半疑な状態でしたが、症例には下記症状が改善されていたので、一筋の光を信じ懸けてみようと思いました。
こんな私がセラピストになろうと思ったのです。もともとセラピストには興味があったのですが、経理畑の環境の自分が、はたして向いているのか正直わかりませんでした。
友人から、「あなたの周りにいる人たちにネガティブな負を感じる人がいないと言われて、私の考え方が、謙虚に、裏表なく、素直で、前向きで、くよくよしないように心がけていることがお役にたつのではないかと思いました。
セラピストとして、色々な症状のクライエントと向き合い、寄り添えるか、どうキャラクターが活かせるのかとても興味をもち、横浜で短期集中セミナーが開催と聞いて、思い切りました。
4月のセミナーに参加して、「セラピストの心得」のページを読んで驚きました。自分に当てはまる大切なことが沢山ある!のだと思いました。
自分にできるのは、和顔愛語で対応すべきではないか? 調子が悪く、オルゴールが聴きたくて頑張って来られたクライエントさんが、今日は来てよかった。またこようと思ってお帰りになったら、何よりも嬉しいことだと思います。
今後の課題ですが、元気で明るく交感神経刺激タイプだと思いますが、果たしてこれでセラピストとしていいのかと考えてしまいます。まずは色々な症状のクライエントがおられる中で、皆さんが受け入れやすい中立のタイプがいいのではないかなと思います。
やっとスタートラインにたっただけという状態ですので全くうまく出来ていないですが、どう人間関係を構築していくか、どうカウンセリングを進めていくか今後の課題です。
気持ちよく療法所にいらしていただき、少しでも気が楽になり、苦しみや悩みを改善して、日々を穏やかに幸せに過ごしていただけるよう、日々精進していきます。どうぞ、ご指導をよろしくお願い致します!
セラピストになってはじめて、6月の健康博に参加することになった時、不安がいっぱいでしたが、「説明がうまく行かなかったなと思っても相手に伝わることもあるから大丈夫だよ」とアドバイスいただいた時は、肩の力が抜けました。
元来迷惑をかけたくない性格で、きっちりやってしまい完璧主義と言われることもあるのですが、成長する過程を楽しもうと気持ちを切り替えました。
健康博では、専門的なことを聞かれるとお手上げ状態でした。とにかく自分でできることを一生懸命やりましたが、所長・マネージャー・店長・先輩セラピストに助けていただき、まだまだ修行が足らないと痛感した次第です。
そんな中で感じたのは、原因不明のご病気で悩んでいらっしゃる方が多く、対症療法では限界があることを実感しました。とても嬉しかったのは、多くの方が「これはすごい療法」と短時間で興味を持っていただけたことでした。
短期集中セミナーも4月に2日間、6月に3日間出席して感じたことですが、やはり4月より6月と回を増すごと、イベントに出ることにより、さまざまのお話も聞けたことにより、理解が深まってきているという実感がありました。
近い将来、義母は高血圧で、実母は外反母趾、下肢静脈瘤、ちょっと忘れっぽい上に医療従事一筋の対症療法畑で、オルゴール療法と言って、どういうものか理解するのも困難ですが、とにかく興味をもって聴いてくれて、なにかしらの改善がみられ、予防医学として効果を発揮してくれたら幸せです。
将来、私同様不妊で悩んでいる方が気軽に療法用のオルゴールを聴きにいらっしゃれるサロンを開設したり、不妊専門病院にオルゴール療法の導入ができたらとても嬉しいです。
私の場合は薬を飲んでもコントロールされず、しかし、諦めずに療法用のオルゴールを聴き続けたら赤ちゃんができましたよ(今はまだ体調改善中ですが)~と勇気づけられたらいいなと思います。
不妊専門病院の待ち時間もとても長いので、待合室でオルゴールを流したら、その間に脳幹刺激をし、脳幹の血流がよくなり神経をホルモンの分泌を正常にして全身の活力をあげ、不調も改善されたら最高です。
後は、赤ちゃんの情操教育として子育て支援センターのような地域のコミュニティーセンターで療法用のオルゴールを聴いていただける場があったらいいなと思っています。みんなが笑っていられることがなにより幸せです。
オルゴール療法が、オルゴール医療と呼べる日がくるのではないかと思っております。その瞬間に立ち会えたら、セラピスト冥利につきます。