ブログ

オルゴール療法と私

私がオルゴール療法を知ったのは,「対面だっこ」の姫川先生のブログでした。いずみホールのオルゴールコンサートに参加して心の底から感動して,佐伯先生の個人療法をお受けしてオルゴールの持つ奥深さを感じてもっと勉強したいとセラピスト講座を受けました。
私達の廻りには,病気の人達の何と多いことでしょうか? 私自身小さい時から弱く,何とか元気になりたいといろいろな健康にいいという事をやってきましたので,廻りの人たちも元気になってもらいたいという思いでいっぱいでした。
そんな中で音や波動に沢山出合いました。特に音には興味があり,自分の中に取り入れて来たこともあり,今回,このオルゴールに出合って,そのひびきの効果を教わり嬉しくてたまりません。
オルゴールが,その音の美しさ,響きがそのまま人の心を和ませ,癒し,からだをいやし,世の中を変えて行くように思えたからです。
今まで,ただ単にきれいな音が心の奥にひびき,訴えているのだと思っていましたが,耳に聞こえない,自然や森の中にある高周波や低周波が脳の中枢部に働いて,心臓や肺など生命を司る働きをしていることだということを知りました。
視床下部への働きは神経系を正常にして,自律神経の交感神経や副交感神経のバランスを取り,全身の血流をよくして全身の細胞を元気にしてゆくことが解りました。
そのことは,西洋医学による症状をひとつ,ひとつ対処するのではなく,脳幹,視床下部に働いて,からだの根本から良くして,症状を解消する結果をつくるのだと解りました。
オルゴールを聞き続けることで,きっと良くなるという信念で続けなければならないと知りました。
オルゴール療法は,副作用にのない,根本の療法です。この時期に,オルゴール療法に出合えたことにとても感謝しています。
これからは,もっと勉強して病で苦しんでいる人を楽にして,笑顔が戻り,生き生きと生活出来るようにお手伝い出来るようになりたいと思います。
オルゴール療法を世に出して頂いた佐伯所長さんや,いろいろ教えて頂いたカウンセラーの島さんを始め研究所の皆様に感謝しています。有難うございました。これからもよろしくお願い致します。 K.S. 2月8日