ブログ

猫のチック症についてお尋ねします

質 問  「私の家では猫を6匹飼っていました。子猫を拾ってきて7匹になったのですが、子猫が来てから一番下の4歳のオス猫の様子が変わりました。 
 ダルそうに寝てばかりで、首をチック症の様にピクピクさせてます。口内炎ができ食欲もありません。
 新入りの子猫はとてもやんちゃで、オス猫にまとわりついたり、いつも、餌も子猫が横取りしています。
 以前はオス猫は甘えん坊で、いつも私に甘えていたのですが、子猫が来てからは、オス猫はあまり寄ってこなくなってしまいました。この症状はストレスからでしょうか?」
 お答え  「今まで、一番末っ子で甘えん坊だったのに他の子猫がやって来た為に強いストレスや嫉妬を感じているのだと思います。
 子猫は何も分からずに好きなように行動しますので、気をつけて上げなければ、チック症状などが益々ひどくなりましょう。
 寂しさで自分はいらない子と思い、家出をする子もいます。餌も子猫に取られないように別にあげ、しばらくはその子を一番に考えて声をかけ、そしてスキンシップが必要です。
 そのオス猫はきっと優しい子だと思いますので、充分に気をつけて上げてください。
 以前のことですが、7匹の猫を飼っているお家では、オルゴールを鳴らすと、7匹ともオルゴールの廻りにやってきて、2匹はいきなり、仰向けになり、完全にリラックス! 1匹はオルゴールを枕にして気持ちよさそうにしているそうです。
 これほどに、ぺっと達はストレスいっぱいの世界にいるのです。リラックスすることがお病気を改善し、新たな病気を引き起こさない良い方法だと思います」         参考:猫のチック症