ブログ

15年間のシェーグレン症候群から解放されて

シェーグレン症候群は、涙がでない、唾液がでないやっかいな疾患です。いつも目薬を持ち歩き眼球を傷つけないように軽い液を目に、そして口が渇きます。食事の時に唾液が出ない為に水やお茶で水分を与えて喉に送り込みます。
ご本人にしてみればやっかいで他人にこの苦しみは分かってもらえず、人知れず悩みます。特に唾液が出ない為に消化酵素が不足し胃でのこなれが悪く、腸での栄養素の吸収が十分ではありません。
このシェーグレン症候群で15年間悩み続けた方がオルゴール療法をはじめて5日目にお隣の方のお葬式で号泣され、翌日には、はじめて唾液が出たとお電話を頂いたのです。この早い改善をどのように捉えたらいいのでしょうか?
医学、科学がこれを解明するには多くの時間と詳しい検証がいると思われますが、『治ればいいんだよ』とある高名な医師からのアドバイスでオルゴール療法の実践が始まってから6年が経ち、こうした奇跡に似た症例が上がるごとに不思議に思うのです。
オルゴール療法は高低周波が脳の中枢部に働きかけて、自然の治癒力を引き出す、そのボタンを押しているのだと言葉では言えても誠に抽象的で、納得するにはほど遠いのです。
ともあれ、ご本人にとっては、今までの悩みが取れ、廻りの世界が変わり瞬間なりとも幸せをお感じになったことでしょう。そうして生活が変わっていくことでしょう。私たちが良かったと感じホッとする瞬間です。    シェーグレン症候群3 ⑱ 2008/07/16