ブログ

お義兄さんに病室で初めてオルゴールを聴いてもらったところ、一回目の途中から
マヒ(言語障害)が治ったそうです。
4人部屋の病室だったため、音がもれないようにオルゴールにタオルを巻いて首に当て、
弟さんと話をしながら聴いていたそうです。
「俺のためにこんな高価なものを・・・悪いな・・・」と涙ぐまれ、会話を続けているうちに
「あれ・・・?あれ・・・?」という感じで、自分の思った通りに言葉が喋れることに気づいたとのこと。
それまでは頭で考えていることが、スムーズに言葉にならない状態だったそうです。
お義兄さんは先月脳梗塞で倒れ、右半身にマヒがみられたそうですが、
手足のマヒはほとんど治り、言語障害だけが残っていたようです。
38歳と若かったため、手足のマヒの回復が早かったのかもしれません。
そして言語障害も回復基調にあったのかもしれませんね。
オルゴールを聴くことによって回復がさらに早まったと考えればいいのでしょうか?
たった一回の施術で、それも15分もしないうちにことばがスムーズに出てきたことに
ご本人も弟さんも大変驚き、そしてとても喜ばれたそうです。
佐藤さん(仮名)の興奮した声で「お義兄ちゃんのマヒが治ったんです。」という報告を聞いたとき
私は身体がゾクゾクして、「うれしい」と同時に「なんだか怖~い」と思いました。
そして思わず「神さま、ありがとうございます。」と両手を合わせていました。
所長さん、オルゴールは本当にスゴイですね。母の不穏が治った時から、私はオルゴールに絶対の信頼をおいていましたが、今回の症例はその思いをさらに確固たるものにしてくれました。
やはりこの療法をひとりでも多くの人に知ってもらいたいと思います。それが私の役目だと思います。小枝子さんも同じ思いでいてくれます。「オルゴールに出会えてよかった!」 「佐伯所長さんに出会えてよかった!」本当にありがとうございます。 これからもよろしくご指導をお願い致します。
                                 高田 悦子
メール有り難うございました。これは又嬉しいお便りですね。オルゴール療法をやっていて良かったと思える瞬間です。このために、生きていると叫びたい気持ちです。
ご本人が回復基調であったというのは本当だと思います。人間は脳幹を持ち、その司令塔が元の身体に戻そうと必死で頑張っているのです。それが自然の治癒力だと思います。
それにオルゴールが手を添えて、押さえていたストレスをはずしてそれが改善につながると考えるのが良いと思います。だから脳幹の刺激はとても大切で、オルゴール療法は凄いと思って頂いて間違いないでしょう。とにかく良かったですね。     日本オルゴール療法研究所 所長 佐伯吉捷