ブログ

長く妊娠出来ず悩みましたが、待望の妊娠ができて幸せです

 結婚して5年になります。主人も私も不妊症検査では異常がなく、医師からは『排卵はあるのに卵子の成長が遅く、その為に妊娠し難いのではないか?』と言われていました。
妊娠したいけれどなかなか出来ないので、ありとあらゆることをしてきました。神社やお寺まで廻りましたが、その兆候はありませんでした
 2年前の7月に初めて妊娠しましたが、9月にベビーの心臓が動かないので人工流産しました。冬場は卵子が育ちにくいのだそうです。卵子を大きくするために鍼治療もしました。肩こりや首のこりと背中のこりがひどく、冷え性でした。
 昨年11月に上司にオルゴール療法を勧められて主人と一緒に個別療法を受けました。お話しは信じられるのですが、それでもオルゴールで?という気持ちが抜けず取りあえず、オルゴールをレンタルして始めてみようということになり、2ヵ月間レンタルをして、3月末からローズのカノンを購入して本格的に取り組んだのです。
 11月30日にはじめてグループ療法に参加しました。身体が温かくなり、気持ちよく眠りました。喉の痛みが取れたのです。身体がポカポカと温かく、いつもカイロを9枚も貼っていましたが、翌日の31日の朝は4枚に減っていました。
 4年前に結婚してマンションに引っ越してきました。高圧電線の下で、気分がなんとなくイヤだったのですが、研究所で電磁波の害を聞きやはりそうだったかと納得して、思い切って去年の暮れに引っ越しました。
 年が明けて3月には、オルゴールを足下に置いて聞くと15分で湯たんぽのように温かくなるの感じました。持病の腰痛が出るとうつ伏せになり腰にオルゴールを置くと不思議に痛みが取れました。
 6月になって待望の妊娠が判ったのです。来年2月の出産と予定日もきまりました。オルゴール療法をはじめて6ヶ月でお腹に赤ちゃんがいる夢のような気分です。毎日食後とお休み時に1~2時間は聞いたでしょうか?
 不妊治療も、鍼も続けました。引っ越しして電磁波から逃れたのも良かったのでしょうか?、とにかく嬉しくてオルゴール療法に感謝しています。愛知県の方がオルゴール療法で懐妊されたことを知って勇気付けられ、オルゴール療法を取り組みました。信じて良かったと感謝しています。
 4年前に母が癌で緊急入院し手術をしたとき、早く赤ちゃんが欲しいと思いました。今は母のがんも安定しています。そして、孫の顔を見られることを楽しみしています。母にも喜んでもらえてやっとのことで幸せを掴めそうです。 滋賀県 M.Y.さん  参考:不妊症と不育症
コメント:
 ここでも血流を回復して体温が上がることがとても大切であることが分かります。お二人に異常がなければ妊娠は時間の問題なのでしょう。誘発剤の筋肉注射や鍼治療も効果を上げたことでしょう。ご本人も言われていますが、オルゴール療法が大きく関わったことは間違いないと思われます。ご家族でお喜びでしょう。おめでとうございます。