ブログ

繰り返す音楽の効用

オルゴールは音楽を繰り返し演奏する特性を持っています。日頃から聞き続けているオルゴールの音楽は、同じ曲、同じフレーズを演奏するメリットがあります。脳に繰り返し学習しているのです。そのお陰で、いつでも好きなときにこの曲を引き出して聞くことが出来るのです。
 オルゴールを聞く時間が少なく、効果が上がらないのはいかにも残念なことです。その時は、いつも聞いているオルゴールの曲を歌いましょう。廻りに気兼ねしなければならない時は、頭の中で繰り返しましょう。出来るだけ同じイメージを抱いてください。頭のなかで繰り返し、リズムを取るとより楽に思い出せましょう。その瞬間にいつもこの曲を聞いている状態に脳が反応します。そしてリラックスし血流を回復し、細胞が活発になるのです。
 奈良にお住まいのお母さんが手術をすることになり、その日から少なからず緊張を強いられ、恐怖心にとらわれました。ご子息からの相談に『パッヘルベルのカノンは気持ちが落ち着きますからきっと良い効果がありますよ』とお勧めしました。手術までの1ヶ月間、そして手術室に入るまでオルゴールを聞き続けられたそうです。手術が終わったときに『もう終わったの?オルゴールの曲が頭の中でずっと鳴り続けていて怖くなかった』と息子さんに言われたそうです。
 私にオルゴールを胎教にと勧めた作曲家の小川正先生は、『舞台に上がる前の歌手はどんな経験豊かな人でもあがるのです。また上がらないと良い音楽が出来ないのです。それで上がることを積極的に試みるそうです。この極限までに上げたあとで、子供のときから聞いた曲を心に歌うと、気持ちを落ち着かせて芸術性の高い音楽が出来る』と教わりました。普通の人は上がらないようにすることで、逆に上がってしまうのです。
 上がることを逆手にとって、感性の高みに自分を上げることを私たちも大いに利用しましょう。いつも聞いているオルゴールの曲を頭に想い浮かべるだけで緊張がほぐれ、大切な血液の循環が良くなり、元気になり感性が高まるのなら、結構なことです。いつでもこの効果を引き出せるように、少しのトレーニングで出来るようになりましょう。オルゴールの曲は既に十分に記憶されているのですから、今度はそれを引き出すルートを作れば良いのです。平常のときはいつでも思い出して歌えます。緊張したときに思い出すには、それを思い出すことを日頃から心がけ、習慣にしておけばいいのです。今日から始めましょう!