ブログ

打撲への早い効果に驚き!

「ホテルの浴室の濡れたタイルに足を滑らせて、タイルの角に腰をしたたかに打ち付けて動けなくなりました。息の出来ない苦しさと吐き気と意識がもうろうとする中で、『子供の頃にこの同じ苦しみがあったような』と思っていました。『明日のコンサートが出来ないかも?』と思いが走りました。
 物音に驚いて息子が顔を出してくれて助かりました。明日の大事を控えて自分の不注意を恥じましたが、どうすることも出来ずベッドに横になり、オルゴールが手元にあれば良いのにと悔やまれました。翌朝、背中から腰にかけて真っ赤なスジが2本、患部の腰は腫れあがり指が触っただけでも針を刺すような痛みが走りました。あのとき、シャワー付きの複雑な蛇口にまともに打ち付けていたらと思うと、まだこれで済んで良かったと胸を撫で下ろす思いでした。
 翌朝早くにオルゴールを届けてくれて、痛みの走る患部に当て、頭に付け、腹部にも膝にも聞き続けました。50分間のコンサートはなんとか無事に終えましが、祝賀会の椅子席に3時間は耐えられないほどでした。帰りの車の渋滞で椅子に掛けた状態の5時間も長く感じられました。緊張していたからでしょうか?なんとか帰宅出来たのです。
 オルゴールを1日中、聞き続けたつもりでしたが、眠っていましたから、半分の10時間くらいでしょうか?その日の夜からは144弁のオルゴールを約10時間は患部に当てて聞けたと思います。ベルトがなかったのでネクタイを2本合わせて背中に締め付けて聞き、やっと起き上がれるようになりました。2日目の昼に外科でレントゲン撮影、診断を受けて腰椎に損傷のないことで安心しましたが、病院への往復40分間の腰を浮かしたままの車の運転には難儀しました。
 1日目の72弁のオルゴールだけを10時間聞いたときと、次の日の144弁のオルゴールの10時間では、身体に伝わる振動の強さがやはり大きく違うことを実感しました。効果の違いも倍くらいの差があるのではないかと思います。72弁での10時間に対して144弁では、半分の5時間で同じ効果があるのかもしれない、特に今回の打撲の患部への改善では、顕著な差があるように思いました。
 2日目から仕事を始め、3日目には、普通に歩けるようになり、4日目には少し腰を曲げられるようになりました。5日には、普通に車の運転が出来るまでに回復しました。約50時間から60時間聴けたと思います。6日めに患部を家族に見てもらいましたが、『跡かたもない、腫れもなくきれい』と言われて良かった! 以前ぎっくり腰のときは、オルゴールで1日で歩けるようになったときは、コルセットを1週間付けましたが、今回はそれもなくて済みました。
 少し良くなるにつれ、仕事も普通に出来るようになると、ご多分にもれず、聴く時間が少なくなり、1日3時間を切るほどになりました。右の腰部に芯があり、何かの拍子に違和感を感じ、まだ改善の途上なのだと大いに反省しました。オルゴールが身近になければ、これだけの改善は考えられないと思っています。あるオルゴールセラピストから『普段からオルゴールを聞いてベースが出来ていることと、今回のように沢山聞き続けた効果』だと言われました。確かに新しいアンボイナのオルゴールが有ったことと聞く時間との物量の効果を感じました。
 最近の病院の院長先生の腰痛ねんざやこむら返りやけど骨折からの急激な回復が続いていて早い効き目にすごいなと思っていました。今回の背骨への強い刺激と腰から背中の筋肉への強い打撲の症状にも即効性を感じました。沢山聞いてオルゴールへの負担を気にかけていましたが、良くなりたい一心で聴き続け、オルゴール療法が患部の症状を急激に改善出来ることを改めて実感しました。