ブログ

大斗君は満1歳になりました

2009年10月に初めての赤ちゃんに恵まれました。体重は3,632kgで「こんなに大きな子は今年初めてです」と産院で言われました。産後の経過が良いので4日で退院させられました。
不思議なことに妊娠中は体重が4キログラムしか増えなかったのです。それで廻りの人たちは私の妊娠に気づかなかった程でした。それがこんなに大きな赤ちゃんに生まれてきて驚いています。
友人が「お腹が少しおおきいの?おめでた?」と聞かれて「来週が出産なの」と言って驚かれました。それほどひとに気づかれずに出産を迎えました。産まれてからも、乳母車を見て誰か遊びに来ていると思って「誰の子?」と聞かれました。妊娠しているとは全然知らなかった。信じられないと近所のひとが驚くほどに、お腹に気づかれずにいたのです。
41歳で初産なので不安で無事に産まれるか心配していました。オルゴールは4年くらい前から聴いていましたが、普段はおやすみの時だけにオルゴールを聴いていましたが、妊娠安定期からはお腹に当てて聞くようにしていました。
分娩室は家族ともに過ごせるLDRでしたから主人も分娩に立会って4時間の間中オルゴールを捲き続けてくれたのです。看護師さんにオルゴールは無理だと断られたので主人にずっとオルゴールを捲いてもらったのです。
出産のときに痛みが全くといっていいほどなかったことも、助かりました。3,632kgだったことも驚きましたが、髪もふさふさしていました。
生まれて1年経ちますが、音にたいしてとても敏感です。感性のよい子に育つのを楽しみしています。研究所では、双子の立派な赤ちゃんが生まれたことや不育症の方の例もありみんなが良いお産が出来ればいいと思っています。
それで私もオルゴールセラピーのことを勉強してお役に立ちたいと思って、この10月の認定オルゴールセラピストの講習を受けました。
daito.jpg 大斗君一歳の写真です