ブログ

痛みからの解放

以前から痛みをオルゴール療法が解いた症例を挙げてみたいと思っていました。病状から発する痛みは、身体の異常を知らせるシグナルであることは、よく知られていることです。危険を知り手当する必要がありましょう。
遺った痛みを神経の痛みとして慢性痛と呼ばれていることも最近解ってきましたが、その発症の原因も未だ解明されていないようです。
オルゴール療法で最近までに痛みが解消、改善された顕著な症例が数多く挙がっていて、その種類の多様さに目を見張る思いです。その科学的な解明がまだですが、その痛みが取れることでは大きな貢献をしています。
関節リウマチ痛からの解放、同じく正座が出来て喜ばれた例、脳梗塞の後遺症から95%の痛みが取れた例、同じくタオルを絞るほどの痛みからの改善、視床痛の激痛解消三叉神経痛の激減なども特執に値しましょう。
上腕骨骨折の痛みや手根幹の痛みからの解消、アメフトでの手首の骨折痛、四六時中の腸管癒着痛からの劇的解消から生活の向上が上がった例なども痛みを早期に解く上でオルゴール療法の特性を良く顕しています。
50肩や首の痛みや頸肩腕の痛みや坐骨神経痛や腰痛、膝痛の解消も多く、尿路結石の苦しみ、多くの生理痛の解消子宮腺筋症の激痛解消例、出産時の分娩痛が全くなかったなどはオルゴール療法の効果としては痛みを未然に防ぐ意味で貴重な症例として期待されましょう。
最近では、やけどの痛み足首の捻挫打ち身の痛みひどいこむら返りの痛みの解消もありました。上げればキリのないほどに痛みを解消しているのをみるにつけ、オルゴール療法の強い効果を感じます。他人には解らない痛みは、この痛みさえなくなれば、と言うほどに苦しまれます。
日経新聞で、慢性痛による社会的、経済的な損失が、米国では、650億ドルと報道されています。精神的な負担を軽減して生活の質を高めるオルゴール療法の真価が問われなければなりません。