ブログ

米国ライナス・ポーリング記念財団アカデミア賞の内定

米国ライナス・ポーリング記念財団からアカデミア賞の受賞が決まり内定書が到着しました。
 『貴殿は予防医学の分野において、長年オルゴールを使用して、響きが生命に
  関わる研究をされ、脳の機能を根本から改善することを予測し、効果を示す
 多様な臨床例を挙げられましたので、その功績を讃え、栄えある2012年度の
 予防医学アカデミア賞を授与します。   2012年1月31日』
ノーベル賞の化学賞と核実験反対を訴えて平和賞のダブル受賞を世界ではじめて果たしたライナス・ポーリング博士の記念財団からの賞です。オルゴール療法にとって,大きな布石になることでしょう。
ポーリング研究所からノーベル賞受賞者が22名も排出されていることから,ポーリング博士が如何に偉大な実績と,世に貢献されたかを物語っています。
博士自身が医師でなかったことで米国内でわけもなく阻害され,核実験に反対を唱えて国からの迫害を受けながらのノーベル賞受賞は,人々におおきな勇気と希望を与えたことでしょう。
来年12月5日の東京・紀尾井ホールと7日の大阪・いずみホールでのクリスマスオルゴールコンサートを,授賞式に選びました。今年初めてお目に掛かった方も40年間支えて頂いた方々にも,共にこの賞を喜んで戴ける意義を,感謝して受賞式をホールのステージで行うことをお願いして実現することになりました。
オルゴール療法オルゴールセラピー
ライナス・ポーリング博士について:
ポーリング博士は量子力学を化学に応用した先駆者として知られ、化学結合の本性を記述した業績により1954年にノーベル化学賞を受賞されました。
1962年、地上核実験に対する反対運動に対してノーベル平和賞を受賞。単独でノーベル賞をダブル受賞された唯一の人物です。
今日、ポーリング博士が残した科学への貢献は偉大で、イギリスのニューサイエンティスト誌は「史上偉大な20人の科学者」で、アインシュタイン博士と共に選ばれた唯一の20世紀の科学者です。
ネイチャー誌のミレニアム・エッセイでは、ポーリング博士をガリレオ、ニュートン、アインシュタイン博士に続くこの1000年で最も偉大な思想家、思弁家の一人であると主張しました。
ポーリング博士の理念を継承する「ライナス・ポーリング記念財団」は主に世界平和、地球環境と保健衛生、心と体の健康の分野における活動に顕著に貢献のあった方々を讃える目的で設立されました。 
初代理事長にポーリング博士の長女リンダ・ポーリング・カムさんが就任されています。