ブログ

感激の21回いずみホール・クリスマスオルゴールコンサート

いずみホールのクリスマスオルゴールコンサートも21回目ともなると,ああ良くやって来たなという感じです。
今年は,チェロ教室に先生を派遣して頂いたり,チェロの製作に貴重なアドバイスを頂いている林 裕先生をゲストにお招きして,2部の初めに4曲弾いて頂き,コンサートを盛り上げて頂きました。
チェロの醍醐味,チェロの表現の多彩さ,テクニックの素晴らしさを短時間で表現されました。アンケートにも沢山書いて頂いて,チェロの演奏が大変好評だったことが解りました。
どうしたら,皆さんにクリスマスの楽しさや,オルゴールの格調をお渡しして,2時間を充実したプログラムにしたらよいものかと毎年悩みます。
今回は,米国ポーリング記念財団からアカデミア賞受賞の報告やら,脳神経の病理学では世界的レベルの先生がオルゴール療法の検証にたずさわって頂くことなどで,長く支えて頂いた方々にお礼を言わせて頂いたり,
アンコールにバッハのフーガト短調を弾かせて頂いたり,少し突出した感があり,きっとご批判を頂いているだろうと思いましたが,最後に大きな拍手を頂いて感激しました。
オルゴール療法オルゴールセラピー