ブログ

認定オルゴールセラピスト講座の受講理由 I.K.さん

 身の回りにこれほどの症状を挙げられることに驚きです。
予防医療、体質改善、風邪、インフルエンザ、アレルギー、生活習慣病、冷え性、血行不良。
不眠症、脳梗塞、介護疲労、看護疲労、心不全心臓弁膜症、胃腸炎、アルツハイマー病、認知症、頭痛偏、頭痛。
パニック障害、電磁波過敏症、シックハウス症候群、慢性疲労症候群、不登校、甲状腺機能低下症。
口内炎、ドライアイ、ドライマウス、口腔乾燥症、顎関節症、不正咬合、関節リウマチ、発疹、慢性湿疹。
むくみ、帯状疱疹、乾燥肌、肌荒れ、やけど、熱傷、円形脱毛症、腰痛、椎間板ヘルニア、関節症、ぎっくり腰、肩こり、首こり。
外反母趾、関節機能硬直、腎結石、頻尿、突発性難聴、メニエール病、アレルギー鼻炎、花粉症、慢性副鼻腔炎、産褥、マタニティーブルー、小児アトピー、自閉症。
更年期障害、子宮筋腫、生理痛、生理不順、卵巣嚢腫、癌、近視、目の疲れ、
 テキストの症例を参考にして、私自身及び、家族、友人、身の回りにある症状が、これだけ挙げられることに、驚いています。
;家族を亡くした人の精神的苦痛にどう寄り添い、共に暮らし、仕事をしていくか、本当にわかる、理解するとは.ということを、考えたいと思いました。
 ;闘病生活中の人、支えている家族など介護者の体調管理、心のケアに少しでも係わっていきたい。
 ;自分自身の体調管理(2005,12月に手術)と、人間の老い、寿命について、考えていきたい。
②目的;好きなオルゴールの音、そして音楽に、自分自身が救われ、音楽活動を続けてきたことで多くの方々と出会い、支えられてきました。
 微力ながら、自分の出来る形での恩返しの方法を考え、今できることを何か身につけたいと思い、オルゴール療法の扉を開きました。自分の為、家族の為、友人の為、一緒に音楽をしている歌い手さんや、演奏家、またボランティアで出会う人々の為に、少しでもいい状態で、いい関係がもてるようにと思ったのです。
【コメント】
この文は、オルゴール療法の認定講座を受講された方のレポートの一部です。
お一人の身の回りにこれほどの多用な症状があることを私も驚きました。これが現状であることを私達は、しっかり捉えて、この苦しみから脱却するお手伝いをさせて頂くことに専念しなければなりません。
お一人の中に、検査に掛からない、自覚症状のないものが、100倍も200倍もあることが予測出来るなら、オルゴール療法の根幹療法は医療の中心になり、症状を出さない予防医学への貢献こそが、務めであると切に思います。