ブログ

その後のYさんのご報告

「息子がリハビリで玩プラを組み立てる時の事ですが、幾つか気づいた事があります。
① 図面を見ながら、左右 上下 裏表 前後の把握が出来る様になった事。
② 掌の汗が出なくなっている。
③ 癇癪とイライラ感がなくなている。などです。
①に関しては、図面を見ながら組み立てる中で、ある程度の所まではスムースに作業が進むのですが、いつも途中で、パーツをつけ間違えて、せっかく組み立てたものを分解、左右などを再度確認して組み立てる事が多くありました。 オルゴール療法を受けてからの組み立て作業では、それが見受けられませんでした。
 
②に関しては、組み立て作業を行う中で 息子は上手に組み立てると言う「気負い」が勝ちすぎて緊張感があった為でしょうか? オルゴール療法を受けてからの組み立て作業には掌の汗は出なかったようです。当然パウダーは使っていません。
③に関しては、上記の①と②がなかったため癇癪とイライラ感は見受けられませんでした。
  あまりにさらっと組み立ててしまったので、あっけにとられました。
 私自身の事ですが、小さい頃に怪我をして左親指の付け根にひびが入っているままなので、特に不自由は感じてはいませんでしたが、オルゴール療法をうけてから時々親指の付け根から手首全体の骨と筋肉が、元に戻ろうとする感覚が感じられました。これからオルゴール療法を受けて行くことでどう変化するか楽しみです。       博多の明太子親子より
コメント:
息子さんの症状に改善が見られはじめているご様子です。そのまま改善が始まっている事実を受け取ってください。いつの日か、この素晴らしい改善のご承諾を得られれば全貌をお知らせすることも出来ましょう。
オルゴール療法オルゴールセラピー オルゴール療法オルゴールセラピー
かたばみとミントが肩を寄せあって・・・   緑地帯のほおずきの花です。 吉村