ブログ

5月17日のグループ療法から

パソコンをお仕事にされているOkさん
先日大阪の地下鉄御堂筋線に乗ったときに、頭に威圧感を覚えました。頭の血液がかたまって行く感じでした。
心斎橋から新大阪に行く僅か6つくらいの距離で、全身がだるく、、四方八方から押さえつけられるように感じました。
パソコンを何時間をしていると、目に強く、グーッと来る感じで仕事が出来なくなります。身体が拒絶反応している、脳が停止するような感じが良く起こりました。
オルゴール療法研究所から電磁波の障害ではないかとアドバイスされ、会社を休み、お陰でパソコンから離れていますが、久しぶりに地下鉄で身体の不調を感じて、オルゴール療法のグループに参加しました。
グループ療法でオルゴールを聞くと、頭の血行が良くなるのが判りました。血行が戻るときのジンジンしています。両肩胛骨辺りのコリを強く感じます。
コメント:
パソコンや携帯から逃げられない環境や電柱のトランスや高圧電線、電車やバス、エスカレーターも電磁波を強く感じ、乗ることが出来ないそうです。
ほとんどの医師も家族も仲間も電磁波の存在を認めず、気のせい、怠け病と決めている社会で、生活することを困難にして、ひいては生きて行くことが出来なくなるほど、血流障害が原因と思われますが、お一人でいくつもの疾患を発症しておられます。
地球上から60ミリガウスくらいの電磁波で出ているので、わずか数ミリガウスなど問題ではないと決めつけないでこの方達の苦しみを理解して上げたいものです。
 ①電磁波過敏症  ②オルゴール療法 
 
オルゴール療法salon1.jpgオルゴール療法salon2.jpgオルゴール療法
   大阪梅田オルゴール療法研究所サロン       横浜元町オルゴール療法研究所