ブログ

認定オルゴールセラピスト横浜研修会報告

オルゴール療法のセラピストが日本オルゴールセラピー協会から認定され、その知識や技術を補う為に研修会を年4回、大阪と横浜で開催されています。
今回の横浜では、20名のご参加を頂きました。朝10時から夕食会を兼ねて8時までお付き合い頂きました。ご参加頂いた方の貴重な時間を頂き、テキスト作成や会場他準備を頂いて有り難うございました。たった1日の会合なのに離れがたい気持ちになるのは、同じ療法に取り組み、道を同じくしているせいだと思いました。
オルゴール療法オルゴールセラピーyokokensyu9.jpg 
オルゴール療法オルゴールセラピーyokokensyu8.jpg
はじめに私からオルゴール療法が米国ライナス・ポーリング記念財団の予防医学学術賞の意義を改めてご説明しました。米国国立医学研究所(NIH)の準教授の医学博士の検証が国際級の成果を上げつつあることの報告をして、オルゴール療法が将来高く位置付けられることを予測報告しました。
続いて電磁波を出す健康器具やLEDの証明が健康被害を懸念して医師団の研究会発足したニュースや依然多い薬物の副作用の日経新聞の掲載などがあり、振り返ってオルゴール療法の安全性に改めて有り難さを感じました。
オルゴール療法オルゴールセラピーyokokensyu4.jpg
オルゴール療法の初版本「オルゴールは脳に効く!」の脳の記載部分に改めたい項目があり、絶版として、ライナスポーリング記念財団の予防医学学術賞受賞記念として12月をめどに書き改め再出版になったいきさつとその主要な部分の内容が明かされました。
即ち「脳幹心臓と肺をコントロールする生命中枢であり、視床下部自律神経と体温の調節などをコントロールする機能を有する」と改めました。
次にセラピストの資格特典のポイント制の改正にはいり、個人、法人の条件など細部に渡る説明があり、質疑応答に午前中を費やしました。
お昼は、“オリエンタル ビーチ 元町”2階の天井の高いシックなお部屋を貸し切り優雅なお食事が用意されました。
yokokensyu1.jpg オルゴール療法オルゴールセラピーyokokensyu2.jpg オルゴール療法オルゴールセラピーyokokensyu3.jpg
昼食後はテキストから離れて、現在直面しているセラピストの問題、疑問、などをテーブルに載せて検討、意見交換の場にしました。特にこの6月以降、オルゴール施療所を開設希望の方が6名おられ、その為の集客方法やオルゴールベッドの実技指導など、更に横浜から沢山の改善症例が発表されました。
セラピストからは、ご自身の関節リウマチからの劇的改善のお話しが出て、その実感のこもった生の声の優れた報告に参加者から大きな共感を得ました。その貴重な報告をレポートしていただくようにお願いしましたのでこの欄に後日アップしましょう。
マキノ出版のご厚意で又8月2日発売の9月号にオルゴール療法を取り上げて頂く企画の中に、マキノ出版本社のホールで体験会をお願いしました。又各地でのコンサート&セラピー・体験会の予定を代表掲載が可能とのご了解を頂きました。
質問の中で、セラピストがオルゴールをご紹介することについて、疑問が出され、セラピストからさまざまのご意見が出されました。オルゴールセラピストと心理セラピストの違いなどが浮き彫りにされ良い勉強になりました。又スイス製のオルゴールの特性や療法用オルゴールについて改めてご説明しました。
オルゴール療法オルゴールセラピーyokokensyu5.jpg
折角の時間を有効に使いたい旨のお願いで急遽夕食会が用意され、ほとんどの方が参加され、楽しいディナーにお話しが盛り上がりました。未だ未熟ながらオルゴール療法の講習会・研修会が少し将来を見通せたかなと思っています。ご参加の皆様に感謝。スタッフのみなさんご苦労様。
オルゴール療法オルゴールセラピーyokokensyu6.jpg オルゴール療法オルゴールセラピーyokokensyu7.jpg