ブログ

ミントレイノの奇跡

石川県白山市のハーブの里“ミントレイノ”は国の公的資金で平成7年に2万坪の敷地に、2階建てのメイン棟と
広大なハーブ園を併設してスタートしました。
霊峰として日本3名山として古くから知られる白山(ハクサン)は、年のほとんどを雪に抱かれ、名の示す通り日本中の白山信仰の中心的存在となりました。
白山は、大汝峰、鶴ヶ峰、御前峰の3山からなる連峰で、石川県、福井県、岐阜県から眺望されて、崇められて来ました。
白山麓の白山市は、金沢市内から30~40分の位置にあり水と命を提唱しています。ミントレイノの建物に入るとハーブの香り一色、彩りの販売コーナーの隣は喫茶コーナーで、市が提唱する、ハーブと食による健康を指向しています。
贅沢な間取りと木質を活かした建物は格調高く、ヨーロッパの風情を醸しています。スタッフの努力でさまざまの教室や講演会やヨーガの実践、音楽会や語り、キャンドルナイトなど楽しい催しが沢山開かれて来ました。
金沢のオルゴールセラピストの高田悦子さんや泉ゆう子さん、ヨーガの森下さん中心のメンバーがこの雰囲気の良いミントレイノをオルゴールセラピーやヨーガ講座やハーブ心理療法を組み合わせた利用が出来ないか?とお話しがあり昨日車で訪問してきました。
白山麓の自然とハーブとヨーロッパ風の建物が良くマッチして申し分のない雰囲気が気に要りました。木造の建物の2階のホール、バルコニーホール、小テラスなど、どのコーナーも響きが素晴らしく、オルゴールコンサートにもセラピーにも最適と見受けました。
村の人は、「白山の響きと言い、山々に囲まれた盆地の地形が影響しているから」と、マネージャーの男性は「木質の良さや2階建て吹き抜きの効果のせい、今までコンサートをした演奏家に響きの良さには定評がある」と言われました。
オルゴールセラピーとして利用できるとすれば、各地持ち回りのオルゴールセラlぴー研修会やグループ療法や個別療法に加え、丸1日のコースや3日間のロングコースや、1週間のビッグコースなど、近くにある簡保の郷ホテルと契約して長期の療法希望者に提供も考えられると思いました。
金沢、福井という都会から離れているハンディを克服し、経営的な安定継続をするには、アイデアを結集し、魅力つくり、人脈を活かしての人集めなど、オルゴールセラピーの抱えている難題をいくつもクリアしなければなりません。
今、このチームが燃えてこれに挑戦しようとしています。このエネルギーは貴重です。経営の前に人を救いたい、人の為になりたいお気持ちは、健康を基調に据えた活動では、大切な要素になりましょう。このチームの思いの相乗効果がきっと奇跡を起こすに違いない! 頑張れ! 頑張れ!
mint1.jpg
mint2.jpg
mint3.jpg
mint9.jpg
mint10.jpg
mint11.jpg
mint12.jpg
mint4.jpg
mint5.jpg
mint6.jpg
mint8.jpg
mint13.jpg