ブログ

お正月三ヶ日は1泊2日ののんびり小旅行

今年の元旦から家族で京都の社寺めぐりをしました。
元旦は、京都で最も古い上賀茂神社を参詣しました。
平安神宮の人混みに圧倒されました。
上賀茂神社
平安神宮と知恩院を結ぶ新宮通
平安神宮と知恩院を結ぶ広大な新宮通いっぱいに平安神宮に向かう人の波。
heian2.jpg
朱塗りの鮮やかさが元旦の青空にそびえる山門の豪華さです。
何度観ても感動します。
2日目は、祇園白川南通りを散策、四条通りを一力亭まで、花見小路通を
建仁寺まで大勢のあとを歩きました。
白川巽橋から
巽橋から見た白川です。
花見小通を建仁寺まで
建仁寺に至る花見小路から脇の路にも京都風情。
建仁寺山門
建仁寺は、日本最古の臨済宗大本山の禅寺、1202(建仁2)年、明庵栄西が
開山しました。14 の塔頭が建ち並び、「風神雷神図」と双龍図で有名です。
建仁寺の風神と雷神
建仁寺方丈を入ると、すぐに有名な国宝、俵屋宗達作の「風神、雷神」が
ありました。しばらく座り込んで見入りました。
建仁寺屏風墨絵
海北友松(かいほうゆうしょう)筆竹林七賢図襖に感動しました。筆一本の
筆力で広間に張り詰めた気合のような、冬の寒さの中で出会ってよかった。
建仁寺の雲龍
架空の龍を作者がそれぞれに想像して作るとありました。この雲中にある龍は
厳しいですね。
建仁寺双龍天井図
法堂天井画は創建800年を記念して、現代の小泉淳作画伯2002年の作品。
建仁寺山水
安芸の安国寺から移築した。白砂を敷きつめた枯山水庭園です。
お正月お飾り 先斗町
伝統の門松にも感性の工夫が見事。先斗町 「この路地は通りぬけできまへん」
三条大橋
先斗町での小雨を避けてぜんざいを頂きました。先斗町を抜けて目の前に
広がる三条大橋、小雨の後とは思えない、暖かでのどかな1日でした。
“健康を求めて得られなかった多くの人々の為に、私たちの大切な係わりがある”
元旦に社寺参詣される方は幸せだなと思いました。