ブログ

夙川学院大学 オルゴールセラピー講演

関西医科大学卒、近大で教鞭を取られている、診療内科医の仁木稔先生の
公衆衛生の講義の一環で毎年オルゴールセラピーの講義をさせて頂いています。
大阪梅田のオルゴール療法研究所のホールで学生50名程を2クラスに分けて
オルゴールの原理と効果を改善症例を上げて説明、学習されました。
熱心にメモを取られる学生達にお役に立つように、響きが生体の恒常性を
保つこと、記憶力や集中力を上げる為に脳の血流を回復することの大切さを
説明しました。
若い年代の感性は、ご自分の将来を見つめる為に、大いに役にたちましょう。
短い時間ですが、知識も含めて何かを感じ取って頂くことが出来れば、美しさの
感性教育を提唱するオルゴール療法にとって有り難いことです。
syukugawa.jpg
プロジェクターを使って原理の説明の合間に演奏するオルゴールの響きに
驚かれていました。
syukugawa1.jpg
40名程の学生さんが熱心に聞かれました。こういう生きた講座も大きな
刺激となって、思い出のどこかに遺ることも期待されます。
不調のあるご家族やお友達に声を掛けて戴きたいですね。