ブログ

橋本病のハレがひいて廻りのみんなが驚いています

 2013年2月に橋本病と診断されました。甲状腺専門の医師から「薬も治す方法もない」と言われて薬を出してもらえませんでしたが、ハレが気になって通院していました。
 母が心配して、インターネットで橋本病で探してオルゴール療法というのがあることが解り、私に勧めました。

医師が直らないと言っている症状をオルゴールで治るとは、信じられませんでしたが、
とにかく、横浜にあるオルゴール療法研究所に行ってみることにしました。
 初めの個別療法で、144弁のオルゴールを縦にして両足を乗せると身体が熱くなりました。お腹が動きました。

 オルゴールは、大好きでしたから、気持ちが良く東京の研究所にも行きました。6月1日に個別を受けて、7月14日までに、5回通いました。その間、母が72弁のローズを予約してくれましたが、8月中旬でないと手にはいりません。

 研究所に5回目頃に、友人も家族も職場の同僚も、口を揃えて、首のハレが引いている、顔もむくみが取れたのか細くなっていると、言われはじめました。自分でも以前とは全くと違ってきている確信が持てました。
 2月に橋本病と診断され、パンパンに腫れていたむくみが、6月からオルゴール療法を初めて、わずか2ヶ月半で、こんなにも変化が起きて信じられないです。 
 自分で鏡をみても顔がスッキリしています。母がオルゴール療法を信じて、勧めてくれて感謝しています。
 M.K.さん 21才女性 千葉県  甲状腺機能低下症の橋本病 症例6(写真添付)へ