ブログ

千里メイプルロータリークラブ「職場例会」による職場訪問

先日、私の所属している千里メープルロータリークラブのプログラムの一つ「職場例会」が大阪のオルゴール療法研究所で開催されました。

当ロータリークラブには5名の医師がおられます。オルゴール療法を説明する中で、現在の医学の大半を占める対処療法と根幹療法のオルゴール療法を対比させて行く中で、触れなければならない、長所と欠点は、両極を占める場合が多く、その為に医師に配慮しなければなりませんでした。

しかし、それは、杞憂に終わりました。セラピーコンサートが終わって、医師から『どうぞ遠慮無くしゃべってください。我々も対処療法の欠点も良く理解していて、西洋医学でないものも、取り上げているから』と励まして頂きました。

オルゴール療法を理解して頂く上で、いろいろなチャンネルを使うことが必要です。オルゴールセラピストの認定講座を取得され、セラピーサロンを開いても、なかなか、認知されない、その悩みを早く解いて差し上げたいのに、遅々として進まず、セラピストに申し訳ないと、思っています。

その為に、これからは、科学的な検証をも含めて療法を実践して行く段階に入ったとおもいます。この10年間は、説得力のある検証データを身近なところから上げて行きたいと思っています。