ブログ

帯状疱疹後遺症の不調   Y.Y.さん

 5年前、帯状疱疹が左半分の目からおでこ、頭皮まで出来ました。その後の後遺症で眼圧が高くなりました。左目が開けにくい上、まぶしさに目が開けられず見えにくくなり眼医者でサングラスを勧められ手放せなくなりました。

 物事をキチンとしたい思いがありましたが、それが出来にくくなった事等がストレスとなっていきました。

 天候の変化で体調を崩すようになり、テニス等で活発に友達付き合いをしていましたが、だんだん閉じこもるようになりました。夜、寝ても3時か4時頃にトイレで目覚め、その後眠れなくなりました。

 更年期障害のような有様で産婦人科に行き自律神経の不調だろうと言われ、かかりつけの医者からは鬱の薬を処方されました。その薬が合わず、益々体調不良の日々が続き、言いようのない不安や閉所恐怖に襲われていました。

 昨年、すぐ下の弟がなくなリ49日までは気を張っていましたが、その後、一気に体調を崩し、ご飯の支度もままならないようになりました。食事が取れなくなり声も出にくくなり、もともと細い体の体重が6㎏も落ちて鏡をみるのが辛くなりました。

 その姿を見かねた義妹からオルゴール療法を勧められました。義妹はオルゴール療法で関節リウマチの激痛から開放された経験があり、私の不調にも良いのではないかと話してくれたのです。

 皮膚科、脳神経科、眼科、内科と様々な病院を受診してもいっこうに改善しないので、半信半疑ながら義妹に勧められるまま2013年3月に横浜のオルゴール療法所を訪ねてみました。
 
 それから週2回、144弁のオルゴールを購入してからは、週1回通うようにしました。オルゴールがきてからは自宅でも2時間以上聴いています。
 その間、いい時と悪い時を繰り返しながらも徐々に回復し、2013年10月には友達の誘いに久し振りに応じ伊勢神宮に行くことができ、自信につながりました。

 また横浜オルゴール療法所の帰りに中華街での食事や元町のショウウィンドウを眺めるのも楽しいと思えるようになりました。開放に向かう要因に横浜のセラピストさん達が話を親身に聞いてくれたこと、グループ療法で他の方の話に励まされたことなども大きかったです。

 今年の正月は近しい人たちが我が家に集まり楽しいひと時を過ごすことができました。今後もオルゴール療法を楽しみながら励んでいきます。

【コメント】
 帯状疱疹後の神経痛は焼けるような痛みです。やはり、この疾患も複合したストレスから表出します。脳の生命中枢を正すことで、自然治癒力が回復して全身の不調を解いて行く段階で、このやっかいな後遺症が良くなっていきます。

 その中でも、頭部に出る帯状疱疹がもっとも痛みを伴うと言われています。オルゴール療法は、表に出て来ない症状まで良くしていく為に、身体に元気さが出ます。痛みが取れていない状態でも、この元気さで身体本来の恒常性が戻りつつあると自信を持って頂けると思います。