ブログ

手術前のケアはとても大切です

 手術前のケアはとても大切です。 大人であっても大変不安ですから。まして子供達にとっては尋常ではありません。手術前や入院前は環境が変わり機械の多い狭い入院する部屋は、日頃の楽しい雰囲気と変わって、痛い注射や怖い先生など子供達にとっては恐怖心があおられます。

 その子供たちのケアの為に、遊びを持ち込む女性の活動がテレビで放映されました。

 遊びを通して子供たちの元気を取り戻してもらおう。少しでも不安を取り、心をなごましてもらおう。心を通じて 今の気持ちを打ち明けてもらい、その気持ちに添う処置が考えられています。

 テレビでは、麻酔が怖いとある子どもは自分の不安を打ち明けました。 早速、麻酔用のマスクが用意され、それを使って実際に口に当てて遊びました。そして麻酔が怖くないことを知らせたのです。

 以前、奈良の40代の男性から、お母さんの手術前の不安について、ご相談を受けました。

 心が落ち着く“カノン”のオルゴールをお勧めしました。手術前の不安な病室でも、ずっと聴き続けられました。

 手術が終わったとき、お母さんの口から『何も怖くなかったよ!カノンが頭の中でずっと鳴っていて、何も怖くなかったよ』と言われて安堵されました。

 響きが脳を正し、心身の恒常性を取り戻す作用から多くの不必要な不安を取り去り、 繰り返す音楽で心なごませたのだと思います。

 自宅や病院での心の不安を根本から取り去るオルゴールセラピーを基本にした美しいオルゴールが求められます。