ブログ

ひのきアレルギーがほぼ解消しました。

オルゴールサロンを紹介して頂き、研究所福岡支部のオープンスタッフとして働き始めました。

オルゴール療法に使用されているベットがひのきのベットとは知らずにいたのですが、私は20歳過ぎあたりから、ひのきに弱い体質なのを自覚していました。

主な過去の症状は、

1.ひのきのサウナに入ろうとしたが、息苦しくなりすぐに出ました。
2.ひのきの削りカスの入浴剤を頂いたとき、お風呂に入れたら入浴剤があたった所がかゆくなり、赤く湿疹ができ、すぐにお風呂から出ました。
3.総ひのき風呂に入れず、足だけでもと思いお湯に浸したが、浸した所が赤く湿疹が出来てしまい、ちくちくして靴下が履けないほどでした。
4.福岡支部オープンということもあり、ひのきのベットを運び入れたひのきの残り香で敏感に反応してしまいました。療法のホールにあるホールには、入れず、ドアが開いているだけで苦しく感じました。
その日からひのきの香り(成分)が体内に入らないようにマスクを着用しました。
もちろんベットの置いてある部屋には入ることもできず、部屋の開閉でも症状が出ていました。

時間がある時に事務をしながら、足の上(太もも)にオルゴールを置いて聴いていました。
聴いていると、細胞と細胞が動くような感じがして家に帰ってもずっと体内の細胞が振動しているような
感覚があり、3か月もしてくるとマスクをしている方が息苦しく思え、自然と外すようになりました。

今では療法の部屋にも入れるようになり、ひのきのベッドにも寝れるようになっています。Iさん 女性 福岡県