ブログ

小さな症状の改善から大きな病気の改善が期待

今日のオルゴール療法博多研究所のグループ療法に参加された女性お二人のお話しにオルゴール療法の効果を感じさせられました。

 『オルゴールベッドに寝て″カノン”を胸に当てて聞きました。音が身体にはっきり響いたのを初めて感じました。お腹がゴロゴロ鳴りました。こんなに強く体にひびきを感じたのは、1年経って初めての経験です。今日はホントに凄かったです』

 研究所が特注で製作してひびきの良いテーブルの上で、体験会でスイス製のオルゴールは良くなりますから、そのひびきはどなたもお感じになるのですが、それから、グループ療法にたびたび受療されて、今日、今までにないひびきを感じられました。

『カルチャーセンターで声楽のレッスンを受けています。その前日にオルゴールをしっかり聞くと、声が良く出て、ひびきがとてもいいのです』

『次女はオルゴールを聞くと持病の咳が止まるのが不思議です』
『息子のお嫁さんは習字をする時にオルゴールを掛けて聞いています」

 血流が回復し、神経系が機能回復して、感覚が戻る段階で、次第に感覚が優れて行く経過をほとんどの方に見て取れます。脳の機能を回復することで、自然治癒力が改善され、神経も代謝もホルモン分泌もあらゆる生体の機能が回復され、多くの難病が回復しています。

 難病が良くなって行く影で、皮膚が美しくなり、目がスッキリし、声のはっきり出たり、咳が止まったり、異常を感じているが、医師に認めてもらえない、さまざまの症状が良くなっているのです。

 病名が付かない、自覚症状が現れたり、消えたりすることであまり重要視されない、しかしとても大切な小さな異常を解いています。オルゴールのひびき療法が大きな成果を上げていることでオルゴールのひびきの効果が力を発揮しています。