ブログ

第5回仙台市青葉区のパトナホールで復興支援コンサートを開催

パトナホールでの復興支援オルゴールコンサートも毎年の行事になり、今年で5回を迎え、300名近くの方が参加されました。東北地方の地震、水害、放射能汚染の被害に苦しまれ、心身の不調と経済的な困窮も加わって多くの方が今も震災のまっただ中におられます。

特に身体の不調とトラウマは少なくなるどころか増すばかりでしょう。残された身体の不調に加えて心の傷を負って大変なご苦労をされています。身体にのこされた多くの数の不調は、他人には理解されないことが、更に大きな心の重荷です。

オルゴールのからだや心に高い効果をお話しして、コンサートを進めました。オルゴールの美しい音色にうっとりされているのが、ステージの上からも見られますが、1時間半の短い時間では、非力を感じました。

前に、23年前の交通事故から回復された症例のお話しをブログにアップしました。症状を起こした原因は異なりますが、交通事故も地震も大きなショックから交感神経が極度に働き、かばいきれず、大きな負担になっているのは、同じ原因、症状だと思います。

ひびきは、脳神経に働き、一瞬の内に全身に働きます。その為に速効性もあるのです。それは改善症例の中にも沢山見受けられます。交通事故の症例も1ヶ月という短期間にほぼ全治されていることからも私たちに大きな希望をもたらしました。オルゴールがもっと広く知られる日が来ることを思って活動しています。