ブログ

オルゴール療法に抗えない魅力を感じました!

今年の統合医療展に出向き、その会場でストリートオルガンの音色に惹かれてオルゴール療法のブースを訪問して驚きました。
 
ひびきが脳の中枢部の機能を上げて全身の不調を解くということを本気で説明されたのです。
 
今まで施術してきたことと比較し,これこそ本当の健康法ではないか?と瞬間にそう思いました。
 
それから始めたオルゴール療法でした。母の不調がどんどん治って行くのをみてショックでした。難病のケアまでしていたという思いと母の病状が溶けてゆく現実をまえにして、その大きな差を感じて落ち込みました。今までの療法のすべてが灰色に、モノクロ写真のように感じたのです。
 
今まで、難病ケアの勉強もし、経験もそれなりに積み、講師も引き受けてきました。一体、いままで、何やっていたのだろう?と・・・
 
使命感もあり、それなりに頑張って来たのに! 今までの療法とオルゴール療法の、その差を皮膚感覚で感じて、この療法こそ未来の本当の健康法だと思えるようになりました。 Sさん 40歳代女性