ブログ

素晴らしい共鳴箱の使い方

今年の“癒しフェア” は8月の5日と6日の2日間開催されました。オルゴールセラピストが6名もお顔を出して頂きました。今年は、癒しフェアはお休みしたいと思っていました。急遽出展が決まったのです。
 
東京ビッグサイトのような大勢の人の中でオルゴールを聞くのは、難しく、共鳴箱を使いますが、その有効な使い方が解らないでいました。
 
大阪から店長が手伝いに来て、その共鳴箱の使い方を見事に解決しました。決定版と言える程の使い方です。それをご披露します。
 
テーブルの上に144弁のオルゴール用の大型の共鳴箱を置いて、椅子に掛けた状態から、右手を共鳴箱の中に入れ込んで、共鳴箱の奥までぐるっと回るほどに、そうすると、身体が右肩を前に斜めになります。そのとき、コメカミがちょうどオルゴールの手前の角に当たるのです。
 
斜めに傾けた身体のオルゴールに対して半身の形になっています、そのとき、左手は、共鳴箱の上で、オルゴールの向こう側からオルゴールを抱えて引き寄せるようにします。
 
あのやかましく、騒音の中で、はっきりとオルゴールを感じることが出来るのです。お見事!と声を掛けたくなるほどでした。
 
脳、こめかみ、耳と手と肘から、これほど、ひびきと音を同時に感じるところは少ないでしょうね。
 
1日勉強会をはじめたいと思っています。そこで共鳴箱の使い方を学びましょう。