ブログ

セラピーだより 3日間集中的に

最近お聞きしたお話です。

 

“去年4月洞不全と診断されました。
洞不全とは心臓の洞結節というところの働きが低下して、脈が遅くなったりして、
脳や心臓、腎臓などの臓器の機能不全が現れる病気だそうです。
その頃は背中の痛みが強く、めまいや疲れがあり、夜も眠れないほどでした。
甲状腺の機能も低下してしまいました。
以前から不整脈はありましたが、まさかそんなに悪くなってるとは思いませんでした。
このままいくとペースメーカーを入れないといけないと医師に言われました。
今までで一番しんどかったです。

 

どうしたらそのしんどさが取れるのかと思い、
所長がいつも「オルゴールを胸に抱いてたくさん聞きなさい」とおっしゃってたのを思い出し、
144弁アンボイナ/ラ・カンパネラを胸に抱いて3日間集中的に聞きました。
そうするととても楽になり、検査結果もよくなっていました。
おかげでペースメーカーの手術は必要なくなりました。

 

また、お腹の下のほうにオルゴールを置いて1時間くらい聞いたら、
何回もお手洗いに行きましたが、おかげでむくみもすっきりなくなりました。
オルゴールはすごいことをしてくれますね。

 

オルゴールは予防手段としても使えると聞いたので、調子を整えるためにも、
今も時間がある限りオルゴールを聞くようにしています。”

 

「3日間集中的に」は一つのキーワードなんですね。
先日もある方が、歩けないくらい足が痛かったので、
3日間集中的にオルゴールを聞いたらすっかり痛みが取れたとおっしゃってました。
オルゴールが身近にあって、実際に使っていただいて本当によかったと思います。

 

 オルゴール療法研究所大阪本部