ブログ

立仕事で疲れている母の寝つきがオルゴールを聴き始めて明らかに違ってきました

オルゴール療法をはじめてやがて、3カ月が過ぎようとしています。私は、コールセンターの仕事を長くしていました。自律神経失調症と診断され、かなり重い方だと思っています。

 

研究所に来て、オルゴール療法の個別・体験を受けて教わりました。コールセンターの環境は、電磁波の影響が強く、それで、冷えて、神経的な症状が出て、うつも多いと聞きました。私も冷えがあり、心身の不調で、仕事を辞めることになったのだと気がつきました。

 

オルゴールの環境に身を置いて、3カ月がすぎて、最近、身体全体が正常になりつつあることを実感しています。寝つきが悪かったのですが、寝るときに、オルゴールを胸の上に置いて聞き始めて、すぐに寝付けるようになり、いつ寝たのか分からないうちに、眠っています。朝起きるとオルゴールが畳の上に転がっています。

 

手も熱くなりました。最近自宅で椅子に掛けて、オルゴールを足の下にタオルを敷いて、聴き始めて、しばらくすると、足の先から暖かくなり、その後は、身体がとても軽く感じられます。

 

そして、最近、気がついたのですが、オルゴールは疲れてから聞くより、仕事を始める前に聴く方が疲れが少なく、長く仕事を続けられることに気がつきました。

 

母も、いつも寝つきが悪く、仕事が立ち仕事なので、疲れも相当なものだと思います。ローズでオルゴール療法を始めてから、1カ月になりますが、母は、いつの間にかぐっすり眠れるようになりました。

 

朝まで1度も起きることもなく、ぐっすり眠っています。母は、自分でも気がついているかどうかわかりませんが、明らかに以前とは、眠りが違っています。それを見て、はじめは何て高いオルゴールだと思っていたのに、最近、オルゴールは高くないと思えるようになりました。 Y.H.さん 40歳代女性

カテゴリ:ブログ, 心・身 環境  タグ: