セラピストレポート

がんをなおしたいと認定オルゴールセラピストに

がんを直したいと強く思ってオルゴール療法のセラピスト認定講座を受講しました。今まで私が知っていたオルゴールの音色も種類も想像を超えていました。感動でした音色の迫力も力強く、オルゴールの常識が覆されました。これが本物のオルゴールだ!オルゴールがこんなに感動的なのか!こんなに力強く、そして美しいのかと思いました。
 
オルゴール療法の体験はオルゴールについての私の常識を一変させるものでした。響きが脳幹に与える効果も目からウロコでした。セラピーを受ける時期としては良いタイミングであったと思います。
 
人間が本来持っている自然治癒力を引き出すという考えに、強い印象を受け今後の治療方法を決めるにあたり私に大きな影響力を与えました。
 
私が子供の頃から優勝であったこと、手足の指先が冷たいことを指摘され、これを改善することの大切さを教えられました。そして集中的にグループセラピーを受けることを始めました。
 
手術することになり、退院後、週間に1度のオルゴールセラピーを受けました。体が温かくなることと、リラックスできることを発見しました。指先が暖かくなり、よく眠れることを感じられるようになりました。 オルゴール療法をよりよく取り組むために認定講座を研究所から進められました。

カテゴリ:セラピストレポート, 認定講座  タグ: