セラピストレポート

オルゴール療法認定講座レポート R.O.さん 女性 

私は今、有料老人ホームで介護の仕事をしています。月に10日、一日8時間の仕事です。
 
一日働くと二日は動けないくらいに、介護の仕事で体中が痛くなります。介護職の皆さんは、体のどこかに痛みや不調があるのが当たり前です。
私も、月に10日しか働いていないのに手の指がしびれ、力が入らず、足の方にもしびれが出るようになりました。
 
私は40歳を過ぎたあたりから、寒がりで冷え性になりました。疲れやすく、無理がききません。冬場は老人ホームのおばあちゃんより着込んでいるし、夏場はクーラーに耐えられず、100人はいると思われる健康診断の検診センターの中で、たったひとりだけ半袖、半ズボンの検査着の上に長袖をはおり、靴下を履いていました。若いころ10年位喫煙をしていたせいかなと思っています。
 
介護の仕事には、やりがいを感じていました。小さなころからおじいちゃん、おばあちゃん子で、お年寄り大好きでした。
大好きな祖母を、介護が大変で最後まで家で面倒を見てあげられなかったという思いと、将来は両親の介護をしたいという思いもあり始めたお仕事です。
前職は毎日クレームをうけ怒られてばかりの仕事だったので、介護というお仕事は毎日「ありがとう。ありがとう。」と言われ、なんと素晴らしい仕事だろうと思っていました。
 
しかし、体がもたないのです。だから、ゆくゆくはケアマネになろうと思って勉強をしていました。ケアマネは介護と兼任でなければそんなに体を使う事はありません。
そんなある日ふと思ったのです。ケアマネをやるなら、やはり正社員として働かなければ誰もついてきてくれないのではないか?と。もし正社員として毎日働いたら、私の体は続かないだろうと思いました。
 
そして、転職を考え、インターネットでお仕事を探していた時、オルゴール療法を知りました。これだという直感がありました。
 
もともと癒しの音楽には、興味があり、波の音や水の音のCDを聞いたり、寝るときにはいつもスマ-トフォンでオルゴールの音楽を聴きながら眠りについていました。
しかし、生の音の響きが、脳に良いということは知りませんでした。
すぐに資料請求をし、セラピストになることを決めました。何故か、確信がありました。一目惚れといってもいいと思います。
 
資料の中でローズというオルゴールを見つけ、これを買う!と決めていました。
私は趣味で薔薇の折り紙を作っており、
前々から私は薔薇を世界に広めたいとも思っていたのです。それは平和への祈りでした。爆弾のかわりに、空から食料が降ってきたら最高です。爆弾のかわりに、空から薔薇が降ってきたなら、家族や家を奪われることもありません。復讐や報復もありません。空からバラが降ったら綺麗です。
 
家族や家を奪われた人が、奪った人を恨むのは当然でしょう。もしも、家や家族を失くし病院で、一人きりでいる人がいたなら…そんな時にひとつ、誰かが自分のために作った薔薇の花の折り紙をもらったなら嬉しいのではないかと思ったのです。生きようと思うのではないかと。たとえそんなふうに思わなかったとしても、皆がひとりじゃないと言いたいのです。
日本でも1人でお暮らしのお年寄りもたくさんいます。都会の喧騒の中、むなしさを感じたり、田舎でも色々なしがらみから、孤独を感じている人もいるでしょう。
 
薔薇の花言葉は、ほとんどが愛です。世の中を薔薇でいっぱいにして、皆に愛を感じてもらいたいという思いがありました。そんな、薔薇の名を持つオルゴールにも縁を感じました。これが、私がオルゴール療法のセラピストになろうと思った経緯です。
 
オルゴール療法を学ばせていただき、素晴らしい!!と思いました。まず、アンティークの大きなオルゴールを初めて見てこんなに大きなオルゴールがある事に驚き、オルゴールの美しさに感動しました。それから、大きなオルガンとディスクの音量にびっくりしました。初めて聴いた時、ちょっとうるさいと思いました。
 
ひとつが交感神経、もうひとつが副交感神経に効く、そして強い音の方が効果が高いと知らなかったので、なんでこんなにうるさいのをふたつ同時に鳴らすんだろう?と思いました。
 
それは耳がやかましいだけだと、脳に伝わる響きがよいのだから、耳せんをしてもよいと知り驚きました。音じゃないんだ?効いてるのは?体に伝わっているのはひびきなんだ…。
 
そのことを教えていただいてから、耳をふさいでオルガンを聞いてみると、それまでは意識していなかった低音の音がよく聞こえ体に振動を感じました。一番大きなアンティークのオルゴールに頭をつけてみたとき、空気を伝わる振動と、実際に体につけて感じるひびきとでは伝わり方が全然違うことがよくわかりました。CDとは、全然違いました。
 
1番感動したのはローズでした。初めてローズの奏でる音を聞いた時、涙が出そうになりました。アンボイナも同じです。美しい…どうしてこんなに涙が出そうになるのだろう?ずっと聴いていたい気持ちになりました。これを聞いて涙を流した人達は、何を思ったのでしょうか?
 
ひびきって、よく考えたら何だろう?なんとなくしかわからない…日々の暮らしの中で、ひびきというものを意識した事がない事に気付きました。自然界に欠かせない、光や水や空気と同じく、生命を支えるもの。衝撃でした。そんなに大事なものだったのだ。と思いました。
 
オルゴール療法を知ったなら「人生が変わる」という所長の言葉に、まず自分の価値観が変わりました。ひびきというものがいかに大切であるか?そのことを知っている人はどのくらいいるでしょう?全く新しい認識でした。そのひびきを使った療法。脳を鍛え、自然治癒力を高める。だから、全部が良くなっていく。
 
私は今の現代社会に足りないのは芸術だと思っていました。所長は情緒とおっしゃいました。おっしゃる通りだと思いました。情緒のないから世の中だから、心が乾いてしまっているのかもしれない。心が疲れている人がどれだけるでしょう。美しく心を震わせるもの。オルゴールには、その芸術的な美しさから、音楽からも、伝わる感動もあります。見ているだけでも楽しい気持ちになるし、音を聞けば優しい気持ちになったり、歌いたくなったり、踊りたくなる人もいるかもしれない。

知れば知るほど素晴らしい…。
 
自然界にしかないひびきが、オルゴールにはある。人は、自然の中で癒されます。もちろん空気も、景色も、人の心を癒すものでしょう。
オルゴールの生のひびきには、自然界のひびきがある。音楽の美しさ、見た目の美しさといった芸術性もある。
自然界を味方にしないといけないんだという所長のお話に、近年の度重なる震災などで自然にはかなわないのだとこれでもかと思い知らされてきた私たちが、自然を味方にできるのだと教えていただき、こんなに強い味方はいないのではないかと心強く思いました。
 
他にもきっと、脳に効く療法はあると思います。オルゴールは脳に効くだけでなく、芸術と音楽の面でも人に感動を与える事ができる。
見るだけでも、聞くだけでも、癒しを感じる人もいると思います。感動が心の栄養となり、ひびきが脳を強くする。
そうして心身ともに強くなる。他にはないたくさんの要素がある。オルゴールにしかない魅力があると思いました。
 
それから仰天したのは、講義中に生理だった私の出血が講義二日目の朝、あり得ない量になった事です。
サラサラの鮮血がポタポタと落ちるなんて40年以上生きてきて初めての経験でした。なにこれー? と本当に驚きました。血の流れが、正常になったからではないかとの事でしたが、それにしてもまだちょっとしかオルゴールを聞いていないはず… 講義二日目に、介護のお仕事でしびれていた指の痛みも軽くなったのも驚きました。
 
オルゴールのひびき恐るべし!
驚きの効果を話したくなるけれど、速攻性に、にわかに信じられない人がいるのも無理はないのかもしれません。これはもっと体験しかありません…!
 
私が、オルゴール療法でやりたいこと。私は、日本を元気にしたいです。超超高齢化社会に、元気な人が増えていかなくては、国のお金が持ちません。納税者も少なくては、高齢者の医療費だけで国家予算が埋まってしまいます。教育にまわるお金がなくなってしまう。高齢者だけではありません。介護者や、医師も不足しています。
みんなが元気になればよいと思います。元気な人を増やし、世の中にお金を回しましょう!
 
介護をする人も疲れています。団塊の世代の方々、まだまだお元気です。今の60代、あと20年は働けるんじゃないでしょうか?働く場所も必要です。みんなオルゴール療法のセラピストになったら良いと思います。
 
みんなが元気に働ければ、国にお金が入ります。日本はよみがえります。そして私たちは、未来の子供たちのために新しい教育システムを構築してゆかなくてはならない。
オルゴールが日本を救う。世界を救う。地球を、救う。そう信じています。
 
是非このオルゴール療法を広めていきたい。そして日本の医療費を軽減し、本当に体が元気になる、そんな療法とも手を組んだらどうかと思います。
 
所長がおっしゃっていたようにこれからは治る介護施設! 治るデイサービス!とてもいいと思います。治るデイサービスは流行ると思います。リハビリに力を入れているデイサービスもあります。意欲あるお年寄りはせっせとリハビリに通っています。オルゴールがあったらさらによいと思います。
 
それから、ホスピスなど、終末医療にもオルゴール療法はよいのではないかと思います。もし、私がホスピスにいたなら。やはり治りたいと思うのです。心の底ではきっと、治る希望を持ちたいと思うのです。本当はわらをもすがる思いでいる人たちがたくさんいるのではないでしょうか。
あきらめている人たちの光にはなれないでしょうか?たとえもう手遅れだったとしても、最後まであきらめずに過ごす事ができる。希望が持てるのです。
少しでも元気になっていったなら、最後まで頑張れる。あきらめて過ごす日々よりもずっと生き生きと過ごせるのではないかと思います。
 
老人ホームも同じです。お迎えをまつばかり、なんでまだ生きているんだと嘆いているおばあちゃん。かたや、同じ年でも、私は絶対に歩くんだとワッハハと笑っているおばあちゃんもいます。その方は実際、以前より立ち上りがよくなってきました。希望を捨てていないのです。
 
皆さんがそのようにポジティブな方ならよいですが、お年寄りはこんなこともできなくなった、と嘆き、希望を持つということを考えることすらしない方もいます。それなりに毎日を楽しく過ごされてはいても、認知の方をみてああはなりたくないと今の状態をキープできればよいと思っている方がたくさんいらっしゃいます。努力をしている方もたくさんいます。毎日歩く練習をしたり、編み物をしたり。嘆く方も、本当は自分でなにもかもやりたいから嘆くのでしょう。やりたくてもできないと思い込んでいるのです。だから、力も湧いてこない。そんなことはないのだと。まだ機能が向上するのだと思っていただきたいです。
 
はじめはオルゴールをきくだけで、なんだか癒されるわという程度でも、そのうちにあら?なんだか毎日調子がよいし、楽しい。以前はできなかったこんなことができる!と希望が持てるようになったなら、あきらめるだけの人生が、変わります。
 
それから、介護に疲れている人達や、まだ元気な60代~70代の方々、ちょっと疲れが出てきた40代、更年期に苦しむ50代の方たちの不調も改善したいです。認知症予防のためのオルゴール療法の会を開催したり、オルゴール療法を知ってもらう活動をしたいと思います。お仕事を定年されてお元気で暇な方々はまだいっぱいいます。そんな方々にぜひ知っていただき、できたら手伝っていただきたいです。
 
たまたま、母の友達に折り紙を教えてほしいと言われましたので、今度10人ほど集まり折り紙を教えさせていただく事になりました。
60~70代の方たちです。
折り紙の会を継続してやらせてもらうことになれば、
そこでオルゴールを聞いてもらったらどうだろうと考えています。
私はまだ、オルゴール療法の効果をちゃんと体験していませんので、介護の世界に売り込む前に実績を積めるかもしれません。
 
私はまず勉強をし、経験を積むことが必要と思います。冷え性、私のこの若干弱々しい体をまず改善します!
それから、わたしが期待しているのは美肌効果です。実際に使用してみて、わたしの肌質が改善したら、即買う!というお友達がたくさんいると思います。今一番美容にお金をかけているお年頃だからです。そうそう、東京本部のスタッフの方のお肌がきれいなのも、オルゴールのおかげでしょうか?お肌がきれいでいいなあと思いました。
 
次は自分の家族です。私の母は手に痛みがあり、普段からプロテクターをしていますので痛みが軽減したらいいなと思います。
父は、自分の弟のように認知症になりたくないと言っており、毎日お手製の栄養ジュースを飲んでいます。80歳で、車の運転は私より上手ですし、農業もやっています。父の認知症予防にもなればよいなと思います。
そのほかにも、
ひどい偏頭痛持ちの多動症の子をもつシングルマザーの友達。緑内障で、介護をしつつ、鬱病の奥様。介護の職場の同僚。脳疾患による片麻痺のおじさん。パーキンソン病のおばさん。認知症のおじさん。その世話をする家族達。
 
私のまわりには、体や心に不調のある人がたくさんいます。みんなに元気になっていただきたいです。そのためのお手伝いをしたいと思います。
 
本部の方々に希望することは:検証データをどんどん取るのはもちろん、それを皆さんにもっと広告していってほしいと思います。もうすでにたくさんの取り組みをされていることと思います。介護施設や、介護者のデータなどがたくさんあったらよいなと思います。コンサートもたくさん開催していただきたいです。お医者様や有名な方や、いろいろな権威ある方々にもぜひ、どんどん宣伝していただき、もっと皆さんに広く知っていただきたいです。所長様にはぜひもっといろんな賞をもらっていただき、後継者を育てて下さいますようお願いいたします。
 
それから私が思うのは、ひびき、周波数による効果だけではく、オルゴールのもつ芸術性、音楽、における効果のデータもプラスしたらさらに説得力が増すのではないかと思います。実際に音楽的な部分での効果も多少あるとことですし、人間の思い込み、好き嫌いというのも脳に影響する要素ではないかと思います。同じくらいの周波数でも、好きな曲調や、好きなかたち、模様の施してあるオルゴールと、あまり好きでない曲や形のオルゴールとの違いなどに興味があります。そういったデータももしございましたら教えていただきたいです。
 
オルゴールを楽しむ。さらに病気がよくなる。なんてお得なんでしょう。世の奥様方はそういうのに弱いのではないでしょうか?
できることはなんでもやってみたいです。やってみてだめならば違う方法を取り入れる。固定観念にとらわれず、いつもニュートラルに。本質を忘れずにいたいと思います。
夢は膨らむばかりです。イマジネーションがなければ現実は動いていかないと思います。恐れずに、たゆまずに、めげずに!不退転の精神で突き進んでゆきたいです。
夢は大きく!小さな一歩を大切に。教えていただいた、信念は宝。という言葉を心に刻み、精進してまいりたいと思います。  R.O.さん 40歳代 女性

カテゴリ:セラピストレポート  タグ: