セラピストレポート

オルゴール療法との出会い オルゴール療法認定講座を受講して  S.F.さん 大阪

1.オルゴール療法との出会い
私とオルゴールとの出会いは、 40年間勤務した会社を1995年末に定年退職、それを機に顧客と会社の要望により、これまで通り仕事継続、外資系化粧品の販売とエステサロンを起業することになりました。
 
記念になにかと考えていたところ、友人の勧めで、箕面市小野原で話題のオルゴールに決定し、レストランでの食事と、オルゴールの見積もりを兼ね早速に訪問しました。
 
そこで対応してくださった方の爽やかな笑顔の接客マナーに魅了され、その場で勧めてくださったオルゴールと共鳴箱を購入し、プレートには平成10年3月3日と明記していただきました。
 
購入時の嬉しくてオルゴールの美しい奥深い音色に感動し、毎日聴いていたものの、いつの間にか仕事人傾注していくうちにオルゴールは単なる飾り物としての存在になっていました。
 
仕事の方は、 2017年6月末日をもって定年退職、 22年間にピリオドを打ち精神的なゆとりが生まれました。
 
そんな折、2017年10月号の『ひびき』が届き「オルゴール療法」を熟読し感動するとともに、改めてオルゴールの持つ究極の偉大さに感動することができました。
 
この時、私は初めて、大切な宝を持ち腐れにしていたことに気がつき、さっそくに朝の目覚めとともに15分、夜の就寝時に癒されながら眠ることが習慣になりました。さらに、オルゴールセラピーニュース2018年2月号を興味深く読む中で、私の心を動かしたのは年齢制限のない「オルゴールセラピスト認定講座」に参加して学んでみたいと言う挑戦の意欲は湧いてきたのです。
 
私は今、82歳です。何か地域にお役に立つことがあるならば、夢に向かって悔いなくパワフルに、そしてさらに介護を必要としないで、健康で価値のある日々を勝ち抜くために、オルゴールの持つ「自然治癒力」を1人でも多くの友人、知人にお伝えすることこそ、オルゴールから頂いた使命と捉えています。
 
笑顔を絶やさず語り合う中でコミュニケーションを深めながら、オルゴールの好きな方々や、病気で悩んでおられる友人に寄り添いながら、勇気と希望を贈れる存在としてあり続けることが、私のひそやかな夢であり願いでもあります。
 
振り返ってみますと、 22年前、オルゴール エルムとの出会いが私の心を動かし、ご縁となって出会えた不思議に感謝しつつ、オルゴールとともに穏やかで、ほっと一息できるような笑顔あふれるオアシスになればと願っています。
 
このたび予防医学の見地から、 2012年度に日本オルゴール療法研究所の佐伯吉捷代表に「米国ポーリング記念財団」より「予防医学学術」受賞の栄誉を知り、感動とともに私の脳裏に思い浮かんだのは、強烈な印象として残っている、世界で唯一、単独で2つのノーベル賞に輝にかれた現代科学の父と呼ばれているライナス・ポーリング博士です。
 
博士がわが国の著名な方との対談の中で語られている次の言葉、「人類は病気を予防する方法を学び始めたばかり、身体に備わる自然治癒力を高めることによってさらに長く快適にハッピーに生きられる」と情熱を込めて語られながら、さらに「人間も将来平均寿命を110歳くらいまで伸ばせるのでしょう」また「だれもが100歳110歳までも病気に苦しまず何の不自由もなく生きていく、そうなると私は思います」と語られているのです。
 
この時すでにポーリング博士はこの21世紀の現代を胸に描かれていたのであろうか?当時の私にとっては夢物語のように感じられていたことは完全に覆されて、ライナスポーリング博士の言葉だけに深い重みが感じられ、 20数年以上の時を経てまさにポーリング博士の予見通りだと驚くとともに、博士ご自身が94歳で逝去される間際まで意欲を燃やされました。
 
最晩年になってから「心臓医療財団」を設立されその財団に於いての映えある「日本オルゴール療法」の受賞という喜びは、一層私にオルゴールに対する思いを強くするとともに、オルゴールの計り知れない「自然治癒力」を正しく活かし自己体験を重ねる中で喜びを噛み締め、そして忍耐強く学んでまいります。
 
2.学んだこと
オルゴール療法は心身を癒してくれる未来の健康法であるため、今までの健康法を白紙にして学んでいってほしい。オルゴールのひびきはどこに存在しているかというと、森の中の鳥のさえずり虫の声、川のせせらぎや水の流れ、滝の音など熱帯雨林の深い森の中にあって、私たちの生命を維持する上において大変重要なひびき、 3.75 Hzの超低周波から20万ヘルツという超高周波が存在しているとオルゴール療法研究所が測定しました。
 
この測定された周波数は私たちの日常では耳に聞こえてこないが脳の中枢と言われている脳幹視床下部の機能を改善してくれる根本療法であり、安全で副作用のない療法なのです。
 
オルゴール療法は対症療法ではなく脳を根本から改善してくれることから数多くの疾患の改善例が報告されています。中でも特に慢性疾患の症例には驚くとともに、どんなに世の中が進化の早い現在にあっても薬物を必要とせず、脳を根本から改善することのできるオルゴール療法は、将来必ずや世界的に予防医学として貢献するものと期待されています。
 
オルゴールを聞くことにより通常の脳波が正常時に出ると言われているα波が強く出ていることが検出されています。CDや電気音を聞く時には出ないα波が出ているのです。オルゴールのひびきは脳幹を活発にしてホルモンの分泌や神経系を正常にして、 「自然治癒力」を高めてくれる療法です。
 
3.感動
オルゴールのもつひびきによって、超低周波から超高周波が存在しており、そのひびきが脳の中枢部に働き掛けて、全身の血流を促し、回復させて、神経機能を正して更に、ホルモンの分泌のバランスを取りながら、全身の不調を自然治癒力で取り戻してくれる根幹療法というところに感動しました。
 
オルゴールで毎日、同じ曲を聴いても、繰り返し聴いても飽きないのは、350年まえに作曲され、どの時代にも受け入れられた名曲であるからです。繰り返される音が、脳が安定、安心感を与えることに感動しました。
 
 数々の改善症例を学び、驚きと感動の3日間で、とても充実した研修講座でした。
 
4.今後への展望
オルゴール療法について学ぶ機会に恵まれたことに感謝すると共に、学んだ知識と実践を通して友人、知人の中に後遺症で苦しみ、日々、医院通いをしている方、がんで苦しんでいる方、私に出来ることがあれば、オルゴール療法を教え、苦しみを聴いてあげたいと思います。
 
この活動は、地味で、忍耐力のいる活動と心に決めてお役に立ちたいと願っています。その中で、私も成長して行きたいと思います。「真実に基づく雄弁なし」の諺のようにひびきでハッピーになってゆきます。
 
講座当日までは、不安と期待でしたが、認定講座は、とても暖かくご教示いただき、実践でからだもほぐされているのに驚きました。掛け替えのない、貴重な研修会を有難うございました。 S.F.さん。 大阪
 

コメント:
新しいことに常に挑戦されるお姿はとても立派です。オルゴール療法を広めて頂くことに感謝しています。

カテゴリ:セラピストレポート  タグ: