症例

交通事故の後遺症 升田伸子さん(仮名) 神奈川県 50歳代女性

交通事故の後遺症  
 
小学生の時にオートバイにひかれました。18才のときに車に追突されましたが、その時は親に言えずにいました。朝起きられず、病院で痛み止めの注射をされ、少し良くなったので、車を無理して運転していました。
 
整体に通い、いろいろの療法をしました。前屈みが出来ず、動けなくなって救急車で運ばれました。レントゲンなど検査しましたが、骨も神経も異常なしで、退院しました。
 
薬はダメと気づいて、鍼、水素、温熱などさまざまの治療に通いましたが、効果がみられず、結局痛み止めで、結婚してからも、諦めの生活をしていました。
 
ある朝、突然、起きられなくなり、座骨神経痛は、焼けつくような痛み、で眠れない、頭痛、耳鳴りが始まりました。このまま生涯を過ごさないといけないと思うと気が滅入りました。
 
統合医療もさまざまに通い、大金を使いましたが、車の長時間運転はダメ、椅子に掛けられない、座れない、前屈みになる洗顔がこわくて出来ない、タンスの下の段が使えない、掃除機が使えない、鍼灸の先生は、「風呂も入らない方がいい」とも言われ、シャワーだけの生活になりました。
 
何とか楽になりたい!一心で、次から次へと治療を探しました。沢山注射を打たれたので、気持ちの上で、もう薬は使えないと思いました。
 
10年前にオルゴール療法を知りましたが、ペットの美容室を始めましたが,症状が重たくなり入院して、オルゴール療法に通えなくなりました。
 
先週、オルゴール/オルガンコンサートに参加して、改めて、後遺症の治療に効果が解り本格的に始めることになりました。
 
コメント:交通事故は、年間50万件を超えるほどです。そして後遺症に苦しみ、悩む方が年々増え続けています。さまざまの治療に取り組まれ、さまざまの療法は、それぞれに効果をお持ちですが、西洋医学をはじめ民間療法の対処療法では、全身の不調を解くまでに至らず、絶望の淵に立たされます。生体は、心も身体も脳からの同時に改善しないと、恒常性は得られないことを、前回, 石口さんの1ヶ月で27の症状を全治された症例から明らかです。
 
ある医師は、お一人の持つ病気の種類は一番多くて10だと言われます。身体の不調は、表に出ただけで、27から36と研究所では、臨床体験していますが、実際は、100も200も細かく不調を上げると500もあるのではないかと思います。

カテゴリ:症例, 運動器・外傷  タグ: