心・身 環境

妊婦の “うつ” 症状tと現状

 妊婦の “うつ” がふえています。妊娠中に“うつ”など、精神疾患を引き起こしていることが赤ちゃんの発育に影響することが指摘されました。
 
 妊娠中の事故などによる外傷や、パニック障害や不安障害など神経性症害では、早産や流産のリスクが大きくなるそうです。切迫早産や超低体重児の出生など、大きな問題となっています。
 
オルゴール療法では:
 オルゴールを使ったひびきの療法では、オルゴール療法研究所でオルゴール療法を受けられる方の80%が電磁波からの“うつ”であることを臨床的な確率から突き止めています。即ち、多くの電磁波が冷えを抱えているのです。その中の一つとして、“うつ症状”も発症、そして電磁波の影響から、心臓に負担を掛けてその結果 “パニック症害” が起こっていると多くの臨床例から分かってきました。
 
石口さんの症例からの“うつ”:
 この五月に交通事故から27の症状を1ヶ月で解消し、医師からも信じられない程の効果と驚かれましたが、その症状の中にも “うつ” がありました。あらゆる原因から “うつ” を発症しています。
 
電磁波と妊婦の環境:
 新婚生活が都会の中で始まり、マンションの生活が始まり、電化製品の多い生活に突入し、今や赤ちゃんを育まなければならない結婚生活で環境の悪化が、子育てに大きく影響しています。電磁波に対する防御グッツに頼らず、脳の機能をアップすることで電磁波から身体を守る発想に変えなければならないと思います。
 
対処療法と根幹療法:
 私たちは、ここでも、もうひとつ “うつ” という病気を対象にされている対処療法の考え方を変えなければならない問題です。
 
 生体は、対処療法では、効果が少ないことを前回の27の症状が1ヶ月で解消したことから学びました。 多くの病状は全ての身体の機能が同時に改善されなければならないという事実です。対処療法の考え方では、症状改善も病気の予防も効果が少ないことを知りましょう。
 
 症状は、脳からの機能回復、即ち、オルゴール療法のような脳への刺激と脳のコントロールで身体や心の機能の回復が大切であることを、認識する必要があるのです。

カテゴリ:心・身 環境, 症例, 胎児・乳・幼児  タグ: