口腔・のど・歯あご

双極性うつ、脳腫瘍後遺症、ヘルニア、甲状腺橋本病、子宮内膜症、逆流性食道炎、顎関節症、右顔面のしびれ、オルゴール療法

10年前からうつ病をはじめ、脳腫瘍の後遺症、甲状腺橋本病 、逆流性食道炎、右の顔のしびれ、ヘルニア、肩の凝り、眠気に襲われ、体がだるい状態が続いていました。脳神経クリニックでオルゴール療法を知って、日本橋のオルゴール療法研究所に母と2人で体験会に来ました。

1カ月前の4月の初めにお伺いして、個別療法を受けました。 1ヶ月の間に17回のグループ療法を受けました。4月の25日にはうつむき加減のお顔が、見違えるように輝き、体がとても軽くなったと言われました。「頬が上がり、凝っていた肩が軽くなり、すっきりしました。鬱が楽になりとても嬉しい」と親子で喜ばれました。

5月6日のグループ療法を受けられて、療法室から出て来られて、「鬱症状が消えました」と言われました。「様々な鬱の症状が出てきては消え、また別のものが出てきてまたそれが消えていきました」ストリートオルガンの強い音が効果が表れています。

「顔色が良くなりました 。顔に赤みがさしてきました。冷たい飲み物飲んでも、手が冷たくなくなりました。体が軽くなり、今小さな幸せがいっぱいです。甲状腺はまだ良くなっていません。喉の凝りがまだ取れていませんが、脳腫瘍の後遺症は、オルゴールを脳に密着させて聞くと強さがビリビリからピリピリになり、しびれが繊細に変化してきました」

「歯の咬合は、60%よくなりました。食べ物が右の歯でちゃんと噛めなかったのに、噛めるようになりました。顎関節がカクンカクンと音を立てていたのが数が減りました。顎関節が硬かったのに今は柔らかくなりました。一緒にオルゴール療法に通っている母も、私の変化に気がついて.とても喜んでくれています」

「オルゴール療法って、いろんな症状が同時に良くなっていくんですね。4月からオルゴール療法に通い始めた頃は、その効果にそれほど変化がなく、オルゴールで良くなると思えなかったのに、今は、母とも信じられるようになり、もっと通って早く体が元通りになれたら良いと思えるようになりました」

カテゴリ:口腔・のど・歯あご, 女性 美容と健康, 心・身 環境, 東京, 消化器, 症例, 脳・血液  タグ: