アレルギー 免疫

へバーデン結節とブシャール結節と関節リウマチ

7年前から指先の第一関節に異常を感じ始め、変形、痛みが発症しました。指先に力をいれると激痛が起こるようになり、ペンを持って力をいれると痛みが増し、1日中続くようになりました。
 
整形外科では、第一関節の変形は、関節リウマチやブシヤ-ル結節ではなく、へバーデン結節と診断されました。原因はわからず、女性ホルモンの異常だと言われました。痛みを発するときは、指先にテープを貼ることを指示される以外は治療はされませんでした。
 
介護の仕事で手を使うことが多く、指をいたわる余裕のないときはつらく、指の変形と痛みがだんだんひどくなるようで心配で尋ねましたが、関節リウマチではないから心配ないと言われました。それでも関節がこわれて行くと知って、先はどうなるのかとても心配でした。
 
人差し指からふくらみはじめ、中指、薬指、小指と親指を除く4本の指が次々に変形して行き、人前で手を出せなくなりました。
 
オルゴール療法がいろいろの種類の症状を改善していることを知って、個別療法と体験会に参加しました。佐伯所長から「関節リウマチの改善例は多いですがへバーデン結節はまだありませんが、脳からの改善ですからへバーデンでも大丈夫だと思う」と言われました。
 

脳の自然治癒力がどんな症状にでも改善の力を発揮するというオルゴール療法の原理に期待して144弁のオルゴールを購入して、朝、晩、2~3時間聞くようにしました。不思議でした。最後に変形を始めた小指から指の変形が取れ、指がまっすぐになっています。薬指、ひとさし指まで4本がクの字の形がまっすぐに伸びたのです。
 

痛みが和らぎ、あの激痛が今は、ありません。驚きです。このへバーデン結節の患者さんは多いとききます。人知れず悩んでおられることでしょうが、このオルゴールのひびきだけで治るなんて誰も信じないでしょう。私の家族も「宗教じゃないの」と言うほどに私たちの常識から遠いところにいます。

オルゴール療法は今私にとって大切な治療法です。 40歳代女性 東京都

カテゴリ:アレルギー 免疫, 症例  タグ: