症例

ぎっくり腰が20分のオルゴール療法でほぼ改善

3日前に、歌手の方がオルゴールサロンにお越しになりました。公演の打ち合わせの為の会場が寒く、身体が冷えていたのでしょうか、ぎっくり腰になられました。
 
早速、ディスクオルゴール〝スワン” を背中の痛いところに当て、もう一つのオルゴール72弁の”ローズ”を頭の百会に置いて、およそ20分間、聴いて頂きました。
 
セラピーの前と後で驚くほどに、身体の可動域が広がったのです。「身体を全く後ろを向けなかったのに、15cm身体が後ろに回ったのです」オルゴールを聴くだけで身体の緊張が溶けることを実感されて、ご本人も驚かれました。
 
腰痛バンドをして生活をしました。腰痛バンドをしないと怖くて、危ないなと感じていました。オルゴール療法をはじめて、急性腰痛症の痛みがほとんどなくなり、「もう動いてもこわくない」と言われました。
 
帰りが行きより車の乗り降りの苦労がが半分になりよくなりました。動作も俊敏になられて、「からだの内側から暖かくなって、ほかほかと身体も心も楽になりました」 60歳代女性 

カテゴリ:症例, 運動器・外傷  タグ: