循環器・心臓

犬のターボーの心臓肥大がオルゴールで改善

「16年も前にペットショップで見たヨークシャーテリアがあまりに華奢で可愛く 連れて帰りました。パグを飼いたいとペットショップへ寄った時に、ヨークシャー テリアが目に止まったのです。
 
大人しく見えました。ここに置いておいたら他の犬に いじめられそうだと息子が云うものですからそれで決まりでした。部屋に離した途端に家中を走り回って、我が家にすぐに馴染んで家族になりました。名前はターボーに しました。
 
ターボーは、2年くらい前から心臓発作をたびたび起こすようになり、クリニックで看てもらったら『心臓肥大です。 不整脈があり、生活習慣病です』と診断されました。
 
それ以来苦しむとクリニックに足繁く通うようになりました。オルゴール療法の効果を聞きターボーに良いのではない かとスイスオルゴールで72弁のカノンを求めて聞かせました。
 
最近144弁のオル ゴールが手に入ってから効果が一段と顕著です。ヒーヒーと咳き込むとすぐにオルゴール を聞かせます。5分位で必ず発作が治まり静かになります。そのあとは、不思議ですが、 きまって眠ってしまうのです。
 
もう歳ですから無理をしないようにと思うのです。本当に オルゴールで助かっています。食欲は減っていませんし、オルゴールは絶対に効果があると家族で信じています。144弁のオルゴールは高価でしたが、あの時、奨めて 頂いて良かったと感謝しています。今とても有り難いと思っています。
 
<研究室から>オルゴールの調整の為にお預かりして、調整が済んでお届け した時に、ターボーはゼーゼーと短い息をして咳き込んでいました。オルゴールを聞き始めると3分位で発作が収まり、5分程で気持ちよく寝込んでしまいました。 『犬は素直ですからね』と云われ、目の前でオルゴールの効果を確認しました。
 
犬・猫・ペット達の心臓肥大へ研究室からコメント
 
小型犬や猫に多く心臓肥大が見られます。外界からのストレスが原因で 自律神経系の異常をきたして身体のバランスを崩します。食生活も脂肪分の多く、過食と睡眠不足は様々の疾患を引き起こしています。
 
生命を維持する脳幹は これに抗しきれず、心臓にも正しい指令がくだされなくなり、循環器系がう まく作動せず、血液はドロドロになり、新陳代謝が悪く老廃物は溜まる一方 となります。人も可愛いペット達も心臓肥大は現代の生活習慣から来る疾患となり急増しています。

カテゴリ:循環器・心臓, 犬猫ペット, 症例  タグ: