口腔・のど・歯あご

しつこい口内炎が3カ月で快癒しました。信じられないです。

白内障の治療に薬を6種類2日間服用して、舌の奥がしびれて飲めなくなり、2日間で薬をやめました。服用してから、高熱、呼吸困難、足の膝から下が3日月間赤く腫れました。その後、口内炎が出始めて、右目がかすんで見え難くなりました。
 
3年前にオルゴール療法をムック版で知り、体験しました。口内炎が口の裏側に出来て、しゃべれなくなりました。同じところに何度も出来るのです。人に見せるのが恥ずかしくて、痛いのを我慢していました。
 
舌の両脇がただれ、舌の先がボコンと紫色に腫れていて、食事も痛いのを我慢して一口くらい、少ししか食べられませんでした。少ししかしゃべられないのです。
 
舌の裏が歯に当たると、飛び上がる程に激痛が走ります。人から聞いて炭酸水で痛みを抑えていました。その口内炎が、オルゴール療法を始めてから3カ月ほど経ったときに、あれだけひどい口内炎の症状が消えてなくなったのです。はじめは、信じはられませんでした。口内炎を軽く見られている方がいますが、食べることもしゃべることもできず、独りで悩んでとてもつらいものです。
 
オルゴール療法研究所の所長さんが、「3カ月、6カ月を見てください。良くなりますよ」と言われた時は、とても信じられませんでしたが、今、あれだけひどい口内炎が全く治まっています。所長さんは、「自然治癒力を助ける療法ですから」と言われますが、オルゴールにこんな力があるなんて、1カ月で変化が起きて、3カ月で良くなってからも全く信じられないでいます。
 
白内障も少し良くなっています。右の眼が少し見え始めて、夜の信号機の色が見えはじめています。お風呂のタイルの線が見えるのです。夜、横断歩道の白い色が見えはじめて、回復に向かっているのを感じています。もっとオルゴール療法を取り組んで、早く良くなりたいと欲が出てきました。 60歳代女性 M.O.さん

カテゴリ:口腔・のど・歯あご, 症例, 痛み, 目・耳・鼻  タグ: