がん

母が「悪性リンパ腫・ステージⅣ」のがんだと知らされて、

① オルゴール療法を知ったのは
突発性難聴で悩んでいた私に、ネットで検索して教えてくれた短大の時の友達(オーストラリア在住)がきっかけです。ずっと躊躇して何もしないままでした。
 
その後たまたま癒しフェアに行き、ブースに行き、その時にチケットをいただき、
彼女が帰国した際に日本橋に個別療法に行きました。それからのお付き合いです。
 
あと 、覚えていらっしゃらないと思いますが、今年の1月7日に所長が久しぶりに奥様と梅田本部にいらっしゃった時に、嫌な事やマイナスな事を言ったり考えたりしてしまったら机の下を三回のお呪いを教えてくださった時の者です。
 
事の発端は、2月11日の母親の誕生日に帰省した時からです。顔が浮腫み、とても食欲が無いとの事。年末の大掃除で疲れ、1月下旬の姉一家孫三人の
お世話でさらに疲れ、ずっと夕食は疲れて食べる気がせず、ほとんど摂らなかったそうです。
 
11日12日と祝日だったため、13日に無理矢理町医者に行 かせ
結果が出る15日を待ちました。大阪へ戻り、15日の検査結果を聞くと、血液検査の結果が特に肝機能が悪く、大きな病院で精密検査を受けろと言われ、
20日に受診、そのまま入院。今は多摩総合医療センターに入院しています。
 
最初は、風邪かインフルエンザを疑っての受診がまさかの低カリウム症からの悪性リンパ腫ステージIV。ただの酷い過労であって欲しかった。数日点滴入院するだけかと思っていました。。
 
81歳になったばかりで、急にこんなことを言われ母親はさっぱりしており、「もう80年生きたから、もういいわ」と言っていたそうです。
 
② 2月27日にERの先生から話があると聞いていてその日に父親から電話がなかったので、大事ではないと思っていたのですが、翌日に電話をし、ガンだと知りました。
 
急には仕事を休めず、3月5日にようやく東京へ。病室を訪れると、さらに顔も手も足もパンパンに浮腫み人格まで豹変してしまった母親がいました。
 
「食欲が無いから町医者に行ったのに、ひっかきまわされて病院に病気にさせられた。こんな病気なんかに負けないわよ!」と胸水の影響で声も出ず、咳き込んでとても苦しそうでした。
 
病院に来た時点で、容態がかなり悪く、検査結果を待たずに3月2日に抗がん剤治療が開始されていました。
 
幸いにも副作用はなく、とにかくむせて食事を摂るのがやっと。水分を摂るのでさえしんどそうでした。
 
私は二日以上休めず、ドクターの話を聞くだけでとんぼ返り。ステージⅣ!「ご高齢ですし、投与量は2/3でやり、治療に耐えられなかったり抗がん剤が効かない場合は、緩和ケアのみにします」とのことでした。
 
③ 選択肢がなく、即日退職を申し出、佐伯所長にも直談判(苦笑)。
大阪を引き上げることにし、3月9日に梅田本部へお別れを言いに行き、皆さんに励まされ、カノンの入金もしさあ、これから引越しのトラックの手配を…と思っていた矢先に18時に母親が急変したとの連絡が入り、週末のラッシュの中
慌てて新幹線に飛び乗りました。
 
幸いにも名古屋手前で父親から「安定した」との電話が。新幹線の中で携帯が鳴った時は、どう急変したかも分からなかったので正直言って、息を引き取ってしまったかと思ってしまいま した。
 
胸水がたまった状態で二回輸血をし、粘度がある血液が心臓に負担がかかったのか、他人の血液で合わなかったのではという見解で、酸素が一時7リットルになったそうです。
 
22時半に病院に到着し、呼吸困難だったのが嘘のようにスヤスヤと眠る母親を見た時に、神様はいるんだなと思いました。
 
音を気にしていた四人部屋から個室になったのでドクターにオルゴールを聴かせたいと申し出、許可をもらい(というか、許可が下りなくても聴かせるつもりだった)
翌日の3月10日からオルゴール療法開始。
 

④ 「とにかく騙されたと思って聴いて。楽になるから」と有無を言わさず母親に聴かせました。
 
パンパンの手で自らぜんまいを回し、一生懸命に聴く母親。9日にアームを大阪から送っていただいているので最初は元々購入していたダイアナちゃんのみでした。
 
また、とんぼ返りしてしまった私に、後日父親から「食事を食べられるようになって、看護師さんが驚いている」と嬉しい反応を聞きました。
 
急変しなければ、帰るはずだった3月12日 にまた東京へ。アームも届いており、二台で腫瘤攻撃開始となりました。無菌状態になってしまい、カーテンの中の母親を見るとさすがに動揺を隠し切れませんでした。
 
でも、負けません。
 
咳は相変わらずですが、声も出るようになり椅子に座って毎食食べられるようになり、むせることもなくなりました。酸素マスクもなく、食事を終えられるまでになりました。
 
抗がん剤の副作用もなく。痛みもしびれもなく。
 
肝臓や骨盤にと、とにかく至る所に腫瘤が転移してしまっているので敵も攻撃をどんどん仕掛けてきます。見る見る白血球や血小板などの数値が下がっていきま す。
 
WBC(白血球数)はとうとう0.1となり、輸血はほどんど毎日。ひたすらオルゴールを聴いていた母親は、聴くのを拒否し始めました。
  

⑤ 18日に自分の引っ越しを控えており、安定しているので夜に大阪に戻ろうとした3月14日の午前中に病院からせん妄が激しく、夜中にコードを引き抜いてしまうと言われ身体抑制の同意書にサイン。
 
13日の夜から熱にうなされ、白目を剥き、暴れる母親。腫瘤が悪さをして、どんどん胸水を増やしています。利尿剤で一生懸命に尿を出していた母親。胸水以外の水分でした。
 
緊急で胸腔穿刺も行いましたが、細い針でわずかな胸水しか採取出来ず。なんと、血液も混じっており、ここにも腫瘤がありました。
 
うわ言を言っている母親に、介護 の仕事をしているせいか、動揺はなく冷静に淡々と手を握り、拒否していたオルゴールを聴かせる私。
 
とにかく、淡々と。
 
そのうち、熱が36.6度まで下がり、暴れる事もなくなり
落ち着いたのが、なんと夕方の16時。
すごいスピードで回復。
病室に泊まることなく、帰れました。
 
その夜にぶり返すことなく、翌朝(本日15日)に病院へ行くと
朝ご飯を8割も食べ、口から薬を飲んでいる母親がいました。
 
顔はスッキリ、目も泳いでいません。
酸素は2リットル。
9時半から16時までオルゴールを聴かせました。
 
昼ご飯もベッドで起き上がり8 割とお茶(水分)をおかわりして飲んだ後、アレルギーの薬の影響とオルゴールの音色でウトウトし始め、とても気もち良さそうに寝ていました。
 
一昨日の13日は三途の川に行っていたそうです。見知らぬ人に邪魔をされて、戻ってきたそうです。。。
 

⑥ 15日に夜中にせん妄で眠れないからと、大量の眠り薬を飲まされた母親は、ずっと眠り続け、ようやく今日になって目が覚めて、食事をまた座位で摂られるようになりました。
 
酸素は2リットル。食事中もずっとSPO2は95以上をキープ。口を開けて寝なくなったせいか、唇が赤くなりました。とても綺麗な赤色です。爪も見れば、きっとピンクですかね。
 
とここで、私の心が折れる出来事が。。。オルゴールを確実に聴かせるために、と容態が悪いのもあり一日5~6時間は病院内にいるのですが、母親と看護師から
「あれこれうるさい」と。(オルゴールも。。。)
 
直近まで介護職をしていたせいか、口出しをしてしまったらしく、認知症の利用者さんと同じ接し方をしてしまったらしいのです。病人扱いをしたくなかっただけなのに。
 
私が居ない時に笑われ、母親は恥ずかしかったと。まあ、文句を言うくらい、母親が元気になったと思いたいのですが、、、。
 
明日半日だけで引っ越しをせざるを得ない状況で、テンションを上げて乗り切ろうとしていたのが、態度にも出たのでしょう。
 
こんな時は、机の下を三回叩く、ですよね(笑)。
 
昨日、人工呼吸器をしないと主治医に伝えました。緩和ケアを申し込みました。
苦しまずに済んで、ホッとしています。あとは、オルゴールのひびきで、少しずつ改善に向かうだけですよね。 
 
まずは、訂正です。
 
「抗がん剤の副作用もなく。」と記入しましたが、白血球や血小板などの数値が下がっていくのは抗がん剤の副作用なんですね。主治医や看護師からあまり説明がないので、憶測でしか分からないわたくしたち には不安でなりません。
 
24時間居るわけでもないので、熱がどうなったのか酸素状態はどうかと。
 
前回愚痴りました「看護師からうるさい発言」は看護師長と直接話し誤解があったのかもしれないけれど、誤解を招くような発言をしないように医療従事者としての自覚を持ち、今後気をつけていただくことにしました。これ以上、ただでさえ治療が苦痛なのに、こんなことでストレスになったら治るものも治りませんから。
 

さて。
無事に大阪から引っ越ししてきました!
 
朝一の飛行機で引っ越し当日に大阪入りし、まさかの冷蔵庫の中のものの処分に時間がかか り、なんとか五時間で荷造りを完了させ、予定通り搬出を完了できました。
 
人間、やれば出来るんですね。。。あんな死に物狂いは二度とやりたくありませんが。。。
 
そして、ここでも時期的に激混みの区役所で転出届を申請し立会いを済ませ、大阪を後にしました。新幹線のホームで涙が止まらなくなり、京都くらいまで号泣でした。
 
東京に着いたのが夕方。病院に直行しました。食事もろくに摂らず荷造りで疲れた私へのご褒美かのように私が行った直前にアイソレーターが撤去されました。
いつもの病室になりひと安心。顔つきもしっかりしていました。
 
寂 しがると思い、引っ越しとは告げずにいつもの、「お休み」と言って大阪に行ったので、気が気ではなかったので本当にホッとしました。
 
ゴーゴーと24時間稼動している頭の上の巨大空気清浄機が取れて、さらにグッスリ眠れるように。
 
せん妄も出なくなり、認知症のテストをさりげなくしておりますが、それも大丈夫そうです。色々な質問に的確に答えます。
 
相変わらず口から食事を摂り、SPO2は95以上をキープ。酸素はほぼ2リットルくらいで調子がいいです。
 
高熱も出なくなり、出ても37度前半。元々平熱が36.7度なので微熱程度。
車イスにも長時間座っても苦しくなく、希望していた花見が病室の窓からですが、叶いました。
 
アイソレーターが取れたのが19日。そのまた一週間後の26日に今度はシャワーも。少しずつですが、確実に回復しています。
 
あんなに拒否していたオルゴールも母親は腕を上げて脇に入れるのを待つくらいに(笑)。今は、大好きな母親がこんなに長い間居ないのが初めてなので、情緒不安定になり、イライラが出てしまっている父親が拒否。「あんまりかぶれるなよ」という発言に心が痛みます。
 
四週間経つので、CTをとりました。白血球数はさらに上がり二桁に!血小板も上がり続けています胸水も減ってきています腫瘍マーカーの数値も失神しそうな値でしたが、三分の一に
 
次の2クール目の抗がん剤治療もやることになりました。第二章の始まりです。
ある日、父親がふと「お母さんと結婚する時に、日本製だけどオルゴールを贈った」と。急でしたし、今頃?でビックリ。母親にそれを話すと「お父さんだったかしら?友達じゃない??60年も前だし覚えてないわ」と世の女性らしい残酷な返事(苦笑)。
 
でも、しまってある場所を覚えていて、見つけました。60年前屋上でプレゼントした、私たち子供に壊されたオルゴール。なんか、素敵です。一生 懸命、父親がメンテナンスしました。曲名は「走れトロイカ」。やっと母親が笑って、嬉しかったです。 
 
4/3から大部屋になってしまいました。。。 重病人が入院されるというので、安定している母親が対象に。 母親はもう重病人の括りではないんだなぁと嬉しい反面、オルゴールが聴かせられない!と残念でなりません…。
 
きざみ食から普通食にもなり、あれだけ飲み込みづらくて しんどそうだったのが食べやすくなり、全量摂取するようになりました。
 
点滴も栄養剤だけになりました。
血液の数値が下がらないので、輸血もしていないです。
 
そして、昨日から本人の希望でもあるらしい(本当か?!)リハビリが始まりました。 歩行器を持ってきた先生が拍子抜けするくらい、案外スタスタと歩いてしまったそうです。
 
病名を知ってから、初めて母親に会いに行き、容態の悪さに即日退職と引っ越しを決めてから1ヶ月。たった1ヶ月ですが、もっと時間が経ったような気がします。 思っていたより早く回復しています。 K.S.さん 東京都

カテゴリ:がん, 症例  タグ: