泌尿器

熟睡、自然排便、足の体温上昇、排尿改善が出来るようになり喜んでいます

S.K.さん
 1月14日、信頼されるご友人と一緒に博多の研究所に来られ、体験会に参加されました。そして、ローズ/72弁を注文されて、ご友人と週に1回療法に通われるようになりました。
 症状は、高血圧、貧血、慢性胃炎などの既往をお持ちでしたが、来られるたびに顔色が明るくなり、元気になられているのを感じました。

 お母様が病院に寝たきりで入院されており、毎日レンタルのアームを持って病院に行き、お母様に聞かせたそうです。胸の上に置くと重い、と嫌がられて、体の横にくっつけて聞かされていました。
療法を始めて、25日が過ぎた時、「眠くて仕方ない」とおっしゃるようになったのです。
 ご本人はオルゴール療法の勉強会にも熱心に参加され、オルゴールの聴き方を学び、お母様にも、胸からお腹へと徐々に動かしながらオルゴールを聞いて頂いたそうです。
 40日ほどたつ頃、初めて自然排便ができるようになったと、喜びの声を聞かせて下さいました。

 その後、冷たかったお母様の足を、たまたま触ってみると温かくてびっくりしたそうです。さらに、毎日オルゴールを聞かせる中で、オルゴールを聞いた後に尿がたくさん出たり、それまでの食が細く心配していた食欲が出てきたり、みるみる元気になって行く様子がみられました。

 1週間ほど前に注文していたローズが届き、さらにお母様の食欲が増え、お医者様もびっくりされているそうです。
2018.3.29 記

カテゴリ:泌尿器, 消化器, 症例  タグ: