泌尿器

寝たきりで入院している母の体温が上がり、顔色が良くなり、食欲が出て、排尿、排便で出来るようになりました。

 2018年1月14日博多のオルゴール療法研究所の体験会に参加しました。オルゴール療法を勧めた友人と一緒に参加することになり、その後、友人と週に1回療法に通うようになりました。
 
 私は、高血圧、貧血、慢性胃炎などの症状があり、少しでも楽になれば良いと勧められるままに、通うようにしました。オルゴール療法に、来るたびに顔色が良くなり、身体が元気になってゆくのを感じ効果があることを実感出来るようになりました。
 
 母が病院に寝たきりで入院しており、毎日レンタルのアームを持って病院に行き、母に聞かせました。胸の上に置くと重い、と嫌がったので、体の横にくっつけて聞かせていました。聴き始めて25日が過ぎる頃に、母は「眠くて仕方がない」と言いました。研究所では、血流が回復して全身の機能が上がり、オルゴール療法の最終コースに深い眠りがあると教わりました。
 
 オルゴール療法の勉強会に欠かさず参加して、オルゴール療法の原理と聴き方を学びました。母にも、胸からお腹へと徐々に動かしながらオルゴールを聞かせました。40日ほど経つ頃、初めて自然排便ができるようになって、驚き、喜びました。母が出来るだけ自分で自分のお世話が出来るようになれば、こんな嬉しいことはありません。
 
 更に、冷たかった母の足が温かくなっていて、その効果にびっくりしたのです。毎日のオルゴール療法の後に、代謝機能が上がったせいか、尿が沢山出るようになりました。又、今まであまり食欲がなかったのに、食欲が出たり、そして、みるみる元気になって行くのに驚いています。
 
 1週間ほど前に、注文していたローズが届き、そのせいか、母の食欲が更に増えました。医師もその変化にびっくりされました。オルゴール療法で、母の当たり前の身体の機能が戻って来ているのを見て、オルゴール療法の高い効果を実感しています。
 
 5月の連休に博多の研究所で開催された、「オルゴールセラピスト認定講座」に参加するまでになりました。オルゴール療法をもっと深く知り、母にも、私にも効果が出るように、取り組みたいと思っています。  2018.5.A.K.さん 福岡県 女性

カテゴリ:泌尿器, 消化器, 症例, 認定講座  タグ: