症例

遠視の眼鏡が合わなくなるほどに良く見えるようになりました

突発性不整脈と50肩が治れば良いとオルゴール療法に参加しました。昨年の8月から初めましたが、その内、50肩が治って鉄棒にぶらされるほどになりました。
 
又驚いたことに、白内障が正常になったのです。そして半年経った今年の2月初めに、今まで使っていた遠視の眼鏡が合わないほどに良く見えるようになり、遠視まで良くなったのに又驚かされました。
 
不整脈が治れば良いと思いながら、あまり強い期待するほうが無理かも知れない。と参加したオルゴール療法ですが、50肩が見事に回復し、その上、白内障と遠視が正常になってびっくりしました。
 
視力回復して世界が変わりました。心臓の方も好調で、以前ほど強く感じなくなりました。最近は療法中に夢を見るほどリラックス出来るようになりました。 オルゴール療法に感謝する毎日です」 横山義男さん(仮名) 50歳代男性
 
コメント:視力改善・遠視改善へコメント
 
上記の近視、遠視などの視力回復を含め、緑内障や白内障など目に濁りや白い帯状のものや飛蚊症などが改善されている症例を目の当たりにして、血液の循環が良好になれば、栄養、酸素が豊富に視神経や視力に関わる細胞に届くこと、そして脳幹の刺激による自然治癒力の効果を益々実感します。
 
注 意
但し、一般の施術による視力回復のように近視を短期間に快復、改善することを期待されても、多くを望めないことも理解して下さい。あくまで様々の症状を良くして行く上で視力も回復出来ると考えて頂きたいたいのです。
 
脳幹が正常な身体を徹底して求めるのであれば、メガネを掛けていても、それに影響されず、どんどん改善して行くことも充分に考えられることです。
 
多くの検証が望まれますが、現段階で、上の症例は多くの示唆を含んでいると思います。研究者のご関心を頂いてこの研究を推し進めることを希望しています

カテゴリ:症例, 目・耳・鼻  タグ: