運動器・外傷

先天性股関節脱臼 変形性股関節症を改善して人生が変わりました

「生まれた時に逆子だったからでしょうか、先天性股関節脱臼と診断され、1歳半のときに手術をしました。

 右側は正しい位置にはまったそうですが、高校生時代に左側がはずれていて次第にひどくなり歩けなくなりました。

 20歳のときから手術を勧められましたが手術はしませんでした。

25歳の時、ホームステイでオーストラリアに行きました。疲れて歩けなくなり帰国後接骨院で筋肉を強くする為に歩くことだと教わり一生懸命歩きましたがなかなか歩けませんでした。

結婚してから家事もあり疲れがひどくなり、身体全体に疼痛が起こりました。5年前に軽い交通事故に遭い倒れた拍子に打撲して以来腰痛がひどくなりました。

 背中から脚腰と身体中が全部痛くなり歩くときに左右に大きく振れる為びっこをひくようになりました。

 疲れ易く、やる気がなく、偏頭痛があり、自律神経失調、生理痛、膀胱炎、顔面神経痛、耳鳴り、蕁麻疹、気分が悪く、腰や股関節を始め全身が関節痛で、特に伏せると股関節が痛みました。鬱があり朝起きられませんでした。

 昨年10月末にオルゴール療法に縁あって参加しました。12月の始めまでに研究室のグループ療法に7回、自宅療法を続けました。12月4日に股関節に変化があり、歩いたときに以前とは何か違うように感じました。」

 12月の末までによく眠れるようになり、偏頭痛がなくなりました。顔の肌がきれいになり、朝起きるのも早くなりました。1月の末で股関節が大分ゆるむ感じがしました。しかし寒い季節で調子がいぜん悪く、腰が痛く左足はバラバラになりそうでした。

2月の末に膀胱炎がなくなり、肩も首も楽になり目もシャキッとしています。頭に雲がかかたようだったのが先週から良くなっています。3月初めから少しずつ元気になり股関節や膝にオルゴールの響きがビンビンと感じて痛くありませんでした。

4月から鬱を治そうと毎日のように療法に通いました。朝時々早く起きられるようになり5月の始めには、朝洗濯をして療法に参加出来たのです。ひと山越した感じがしています。歯の交合が変わって来て驚いています。

5月5日 股関節が引っ込んでいるのに気がつきました。
骨盤がはまっている感じです。あれだけ左右に振れて歩いていたのに、走れるようになり自分でもびっくりしています。身体全体がやわらかくなっています。

 脚の長さが左右で5cmも違っていたのが2.5cmになり、今は2cm程度になり、調子の良い時は1cmになって歩くのが楽です。これで手術をしないでもいいと確信しました。

 この20年間、数知れない療法に通い霊的なものにも行きましたが、痛みがひどくなる一方でした。

 オルゴール療法で多くの方が良くなっているのに自分にはあまり効かないなとつい2ヶ月前までは思っていたのに、今療法を有り難く感じ、身体が元に戻って行く嬉しさを感じています。再婚出来て赤ちゃんが欲しいと夢見ています。

 股関節が良くなるにつれて不安感が無くなってきました。プラス思考が出来るようになり鬱が解けている感じです。みんなと良くおしゃべりが出来ます。

 よく吐いていたのがなくなりました。飛蚊症もあったのになくなっています。血流が良くなったせいか全身が楽になりました。

 1月の末には朝起きるのがしんどくそのまま寝ていたいと思い、それでもここへ来れば楽になるからと、ここまで続けて良かった。<  今日は悪かった左足で片足立ちが出来ました。いままでのしびれがありません。あれだけひどかった肩こりや腰痛を忘れています。  膝のカクカクがなくなり、6階のマンションの階段を上がり降りが出来ました。ひと頃はひとり住まいの不安や将来の不安がありました。 今あの激痛がなくなっただけでも有り難いと思っています。剣山を股関節へ打ち付けるような激痛です。それが四六時中、寝ていても続きます。接骨院でも整骨の先生もさじを投げられた程です。  以前にふくらはぎがしびれ、左膝がロックされ、筋肉の痙攣が起こり、救急車で運ばれました。その状態がいつ起こるかと思うと恐怖心がよみがえり、独り住まいの不安から、いつも携帯電話が手放せない状態でした。  療法を始める前に、左足もロックが掛かる状態になり、膝がカクカクしだしました。電車のつり革に掴まっても立てない状態で、ロックがかかると、筋肉はコンクリートのように硬くなり何時間も続きます。もう手術しか仕様がないと思っていました。  いつ起こるかもしれないので、風呂に入るのもこわかったのです。今まで様々の療法で何千万円も使いました。  このまま生きていてもと考えていたのに、今は生まれ変わった感じがしています。信じられない程の奇跡が私に起こりました。」   Oさん 40歳代 女性 5月11日 

カテゴリ:運動器・外傷  タグ:,