ホルモン・代謝

痛風でパンパンに腫れていた痛んでいた足の甲が朝にはとれていました。

「主人は、11月の一週間程前に、久しぶりの痛風が再発しました。左足の甲が2倍くらいむくみ、靴を履くことも出来ませんでした。2日程家を空けていて帰宅して、直ぐに144弁のラ・カンパネラのオルゴールを足の下に置いて何時間も聴きました。
 
朝2時から夜明けまで聴きました。朝になって痛みと腫れが取れ、パンパンに腫れていた足が元に戻り、押さえると少し痛む程になっていたのです。朝、病院で血液検査をしましたが、異常はなく、薬も出して貰えませんでした。
 
主人は、結婚してからずっと痛風持ちで、この30数年間に10回くらい、3~5年に1度、痛風で苦しみ、ずっと薬を服用していました。
 
医師から『動脈硬化から脳梗塞の発症があるかも知れない』と告げられていました。その通り、脳梗塞を2回、60才、5年前から軽い認知症を引き起こしていました。薬を飲むと気持ちが落ち着くと言ってずっと飲んでいました。
 
2日間、旅行の為に、私は家を空けることになり、食事を用意して行きましたが、私がいるときは、いつも頭の下にオルゴールを入れて聴くようにしていましたが、どうもこの2日間、オルゴールを聞いてなかったせいでしょうか? それで再発、5年間忘れていた痛風の激痛と足の甲の腫れを引き起こしました。
 
朝になって直ぐに、病院で検査、脳のCTを取りましたが、異常はなく、薬も出されませんでした。
 
ウインナーやイクラ、汁物、豚骨スープ、ラーメンなど食べるとテキメンです。その為に日頃から食事には気をつけています。
 
オルゴール療法の威力を主人の痛風でも実感しました。 40才代女性

カテゴリ:ホルモン・代謝  タグ: