ホルモン・代謝

口内炎がすっかりよくなりました

「ストレスからホルモンの分泌のバランスを崩し、ビタミン不足や貧血からいつも口内炎で苦しみました。アレルギー性の体質もあり、口の中の粘膜に炎症が起こって痛みが起こるのだそうです。皮膚科で副腎皮質ホルモン系の軟膏を頂き、口内炎になるとそれを塗って治していましたが、又すぐに口内炎に戻ります。体質で起きるならしょうがないかなと半ばあきらめていました。

オルゴール療法を受けるようになってから、全身、特に顔の血色が良くなり、身体全体に汗をかくようになりました。それからこの口内炎が3日程で薬も付けず治るようになりました。今はもう全く口角炎の症状は起こらなくなりました。口内の皮膚炎で痛み、なかなか治らずに何かと不便でしたが、どうしてオルゴールをオルゴール療法で体質が改善された為と思います。」

40歳代女性 大阪市 西田幸子さん

【2月9日】 その後の経過も良好だそうです。半年で12の疾患を次々改善され喜ばれました。アレルギー性口内炎は体質改善が必要ですから抵抗力を付ける為にオルゴール療法を続けるようにお勧めしました。グループ療法にも続けてご参加されていて、『現在6年を過ぎましたが口内炎は全くなく毎日気持ちがいいです』とご報告でした。nishida
口内炎を完治された西田幸子さんの写真
はじめに鬱の症状で来館されました。1ヶ月でほぼ鬱の症状が改善されてから口内炎、口角炎を始め12の疾患を次々に解消された被爆二世の方です。

元々冷え性でしたが、現在は体温は36度8分を維持され血色が見違えるほどになられました。

半年の間に13年間苦しまれた12の疾患を次々に改善され、オルゴール療法が根本の療法で潮が退くようにお元気になられた典型的な症例です。お写真もお名前もご了解頂いて掲載させて頂きました。2008年2月9日現在のお元気な西田幸子さん。

カテゴリ:ホルモン・代謝, 口腔・のど・歯あご  タグ: