アレルギー 免疫

30年間の花粉症が消えて爽快な気分で春を過ごせたのははじめてです。

「30年前からアレルギー体質で春の1月末から花粉症が始まります。杉の花粉が飛散するころは、涙や鼻汁でマスクし、ガーゼを厚めにしますが、鼻は詰まっているのに鼻汁が出て、うっとうしく、人前に出るのがいやでした。

頭が重く気分が晴れませんから、この季節が30年間の悩みでした。喘息を起こす猫アレルギーもあり、アトピーもありました。点鼻薬を1日7回も噴霧し夜も眠れず、テレビで、花粉のニュースやコマーシャルが流れるだけで気分が落ち込みます。今は消えていますが20年前には口内炎もありました。

眠れないと体調も悪くなり、ますます気分が滅入ります。マスクをしていてもガーゼはボトボトになります。夜も口で息をしますので喉の調子がおかしくなります。耳鼻咽喉科にどれほど通ったことでしょう。病院で治らないので市販の点鼻薬を購入し噴霧していました。

自分で鼻腔に綿棒を入れ腫れを確かめたこともありました。鼻が詰まっていて鼻をかんでも出ないのです。昨年の夏でしたか、オルゴール療法のセミナーに参加して興味を覚えました。2回目の療法の機会があり、思い切ってオルゴールを手に入れ、おやすみ時に15分間聞くようにしました。

昨年の11月から72弁のオルゴールで『アルビノー二のアダージオ』を毎晩枕代わりに聴くようにしました。夜は、それからすぐにぐっすり眠れるようになりました。今年になり今まで30年間悩み続けた花粉症が全く出ていません。

4月の中旬になって、ホントに今年はじめて鼻のアレルギーがありません。鼻がこんなにすっきりしているのも不思議なくらいです。こんなに爽快な気分で春を過ごせたのは、この30年来はじめてです。 50歳代 女性

カテゴリ:アレルギー 免疫, 目・耳・鼻  タグ: