心・身 環境

自閉症状、多動性障害と診断されました

「娘は1歳になる前には言葉が言えました。身体の部位を尋ねると、『ここ』と指さしました。『いくつ』と聞くと『ひとつ』、『やっちゃん』と呼びかけると手を挙げて『はーい』と返事をし、オシッコが出ると出たと言い、鉛筆を持たせるとジージーと言いながら紙になぐり書きし、、食事を食べさせると自分でスプーンを持ったり、伝い歩きも初めていました。

 

その頃、インフルエンザに罹り38度の高熱が2,3日続きました。あの日、病院の庭でひきつけを起こし、顔は蒼白になり唇が真っ青になりました。診察室までの20mの近さでした。8分足らずの距離を急ぎました。先生が逆さにして息を吹き返したのです。

 

痙攣を起こしてから伝い歩きをせず、いざるようになり、頭を触られるの嫌い、髪を洗うのがイヤになりました。1歳7ヵ月で初めて一人で立ち、1歩、2歩踏み出すようになりました。1ヵ月後には食べ物の名前や、パパ、ママ、バーちゃんなど20程の言葉が言えていましたが、その1ヵ月を過ぎた頃から、次第に言葉が少なくなり、『これ何?』と聞くと、ポカンとして、忘れてしまったような顔をしました。ペンを持たせると、紙をクシャクシャにし、本はペラペラめくるだけになりました。

 

何かが以前とは違っていました。1歳10ヵ月の時に脳神経科で脳波を調べたら脳波に乱れがあり、てんかんの脳波だと言われました。『てんかんを起こしてないのに何故?』と言われ、テグレトールを処方されました。言葉は又出るだろうと言われましたが足が内側重心になり、歩くのが不便になりました」

 

「オルゴール療法を始めてから数日が過ぎました。オルゴールを聞くとお顔に汗を沢山かくのですが好転反応でしょうか? また朝から、ママがいなくなると、やっちゃんが小さい時のようにぎゃーっと、泣くのでとても不安ですが?」

 

カテゴリ:心・身 環境, 胎児・乳・幼児, 脳・脊髄・神経  タグ: